当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

19ステラSW 14000XG オーバーホール

スポンサーリンク

19ステラSW、15TPSW14000XGの2台定期メンテナンスのご依頼です。ステラSWから作業いたします。

前回の作業内容はこちらです。

前回は純正ケミカルで仕上げております。

オーバーホール

ドラグを分解。

専用工具が必要です。

洗浄します。

ハンドルノブはBOREDの廃盤のBSLRを使用します。

ドラググリスは純正のDG1を使用。

ローターとワンウェイクラッチを洗浄。

フッ素グリスを添付。

ローラークラッチはBOREDのNEMEAを添付します。

ボディ内部。

DG13、フィーリングはさらっとしていますが、しっかりグリスは残っています。粘性はほとんど感じません。

ウォームシャフト。

中間ギア。

ピニオンギア等。グリスはしっかりと残っていました。

洗浄完了です。

グリスの元々の色ですね。

ドライブギア左右のベアリングですが、純正グリスDG06からBOREDのBSLUへ変更します。

ピニオンギア下は交換、上部は一度BOREDのオイル仕上げでテストしてみます。

BORED METHOD DIVISIONオイル製品中でフラッグシップとなる高粘度マルチパーパスオイルをコンセプトとするBSLUオイル。 METHODオイル製品中で圧倒的なベストセラーを誇る全方向対応のマルチパーパスな用途ながら、特に油膜性、防錆性、減摩性に優れた効果を発揮する、フィッシングリールからサイクルパーツまで幅広く対応したオーバースペックな「耐久性」を重視したオイルとなります。

ウォームシャフトはALPHAとSIGMAを少量混合して。

ドライブギアはSIMGA単体を使用。

DELTAをベースにハーフランク粘度を上げた最も高粘度なグリス。METHODウレア系グリス中で最も高い粘着性と減摩性。他のMETHODウレア系グリスとの混合で粘着性を付加

組みます。

ピニオンギア上下のベアリングを高耐食ベアリングに交換しました。

ご依頼の時点でも状態は良かったので、ざらつき・異音のあるベアリングのみ交換としています。

ありがとうございました。

14000XGはヒラマサキャスティングからGT、マグロまでをターゲットにした大物キャスティングゲームのスタンダードモデル。

コメント

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031