オーバーホール依頼 19ヴァンキッシュ 4000XG ハイパーチューン

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュ4000XGのハイパーチューンを行います。

シュル感、ざらざらした感触があります。

オーバーホール

まずローター、スプール、ハンドルを作業します。

カーボンクロスワッシャーに交換希望の為入れ替えます。

ソルト用のDG12を添付します。

ハンドルノブは0.03mmのシムを追加します。

キツイですね。

以下写真では追加2枚ですが、

最終的に内側に0.01mm追加へ変更しました。

スプールはカーボンクロスワッシャーに変更となりました。

ここまでは問題なしです。

続いてボディ内部です。

ギアの不具合を疑いました。

グリスの量は適量ですし、問題なさそうですが。

とりあえず洗浄です。

汚れもそれほどない。

ベアリングは2点交換します。

中間ギアのシム調整。

0.18mm

0.17mm

ウォームシャフト下のシム調整。

0.43mmですね。

ピニオン下のシム調整です。

クリアランスを合わせると0.46mmですね。

アブガルシアのリールグリスをグリスアップ。

組みます。

ノイズが取れないですね。

ドライブギアがキツイのか。

0.03mm→0.02mmへ減らします。

ギア交換してテストです。

グリスアップします。

まだきつい??

0.02mm分減らします。

ピニオンギアの異音があるので、シムを減らします。

0.43mm

0.38mm

0.39mm。

ギアの問題じゃなさそうですね。

ウォームシャフトピンのシムを減らします。

0.20mm→0.10mmでフィーリングが良くなりました。

最終的には0.13mm。

ピニオンギアのベアリングは不具合が無さそうですが、洗浄してテスト見たところ、ゴロゴロでした。振れが大きいのでノイズの原因になっていました。

交換し、不具合が収まりました。

ドライブギアのシムは0.01mmのみ抜いています。若干遊びがありますが、入れるとかっちりする反面ザラツキが出てしまいます。

ピニオンギアは元々の0.46mmで収まりました。

巻き感は良くなったと思います。ギアの不良はなさそうですね。

ありがとうございました。

かつてない「軽さ」「強さ」「飛び」を極めて。揺るぎなきクイックレスポンスシリーズの頂点。
スポンサーリンク
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリー