当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

20ルビアスFC LT2000S マグシールドレスとオイルチューニング

スポンサーリンク

20ルビアスFC LT2000Sのオーバーホール依頼です。、マグシールドを除去し、ベアリングをBOREDのオイルチューニング致します。

テンションがかかった際にギアの違和感があるそうです。

オーバーホール

洗浄していきます。

スプールを分解。

マグオイルは抜いてあるようです。

上部を洗浄しました。

ハンドルノブのベアリングを交換します。

ラインローラーはLIGHTDUTYを添付します。

2015年10月のマイナーチェンジにより配合している添加剤を見直し、当社KRAKENやGOLYATよりも極圧性と減摩性を向上させ、 低粘度ながらも耐久性を併せ持つ性能となっています。

スプールベアリングのサイズが異なるようですね。

ベアリングサイズと座金が異なるようです。

ベアリングサイズも3mmではなく、2.5mmへ変更し、座金も純正に戻します。

スプール内部のドラグワッシャーはシマノ純正グリスで。

ハンドルノブはBALBOAで仕上げました。

BALBOAはBSLRオイルとHYDRAオイルを除く他のBORED METHODオイルと混合カスタム使用する事が可能です。 フィッシングリール、スケートボード、サイクルパーツなど、ミニチュアベアリング部及びメタルパーツ全般での使用をお勧めします。

ボディ内部を開きます。

若干シャリ感が出ているような感じもありましたが、ギアはまだまだ使えると思います。

洗浄します。

汚れはそこそこありますが、大きな不具合はなさそうですね。

BOREDケミカルで仕上げます。

マグシールドの

マグネットを除去します。

作業完了しました。

スムーズな巻き感です。

テンションがかかった際のギアの違和感ですが、スプール受けのぐらつきとマグシールドのセンター出しが影響していたのかもしれません。

ありがとうございました。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930