オーバーホール依頼 21コンプレックスXR C2000F4

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュに引き続き21コンプレックスXR C2000F4のオーバーホールです。

こちらもSシステムを取り付けます。

オーバーホール

18ステラのスペアスプールも合わせて作業致します。

0.03mmのシム追加してテストしましたが、そのままでよさそうです。

グリスアップです。

ドラグワッシャーの素材が異なります。

ボディ内部。

消耗感などもなく綺麗なんですが、違和感がかなりあります。

洗浄します。

そこそこ汚れはあったんですね。

ラインローラーですが、Xプロテクトを除去、洗浄しました。

すでにグリスが抜けていました。ベアリングには残っていましたが、ライトラインを使用するようなので、グリッチオイルのロサでオイルチューンに。

粘度UP 防錆特化型 ●グリッチオイル独自の特殊潤滑添加剤を配合することにより中粘度でありながら納得のいく潤滑性能と耐摩耗性能を発揮。

ドライブギア左右も洗浄しロサを仕上げました。

シムを1枚抜いてテストします。

0.23mm→0.20mmです。

ピニオン上下はBOREDのクラーケンでオイルチューンにします。

ミニチュアベアリングやメタルカーラー等への使用を前提として設計したBORED EMTHODラインナップ中で一番低粘度となる超低粘度ミニチュアベアリング用チューニングオイルです。

ギアはアブガルシアリールグリス。

長期間の潤滑と防錆に。ギアなどに塗ると長期間潤滑をする事が可能。

ボディ内部のウォームシャフト、中間ギアはBOREDのOMEGAで仕上げます。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

やはり違和感がありますね。クリアランスが大きすぎました。

ウォームシャフト下にシムを追加します。

中間ギア軸を研磨したら少しマシになりました。

ウォームシャフトギア、中間ギア、ピニオンギアのクリアランスが少し窮屈になっている箇所があります。

ボディの形成の問題ですね。

回転がいまいちなので上下ベアリングを交換します。

シムを元に戻すとノイズが出るので、0.05mmのシムを0.03mmのシムに交換します。

少しクリアランスが大きいのでチャカつきますが、かなりフィーリングは良くなりました。

Sシステムを組みます。

作業完了しました。

ボディを交換すればもう少しよくなるかもしれませんが、その他のパーツとの組み合わせの問題なので、どこまで良くなるか微妙な所ですね。

ありがとうございました。

回転の軽さと操作性、そして感度の3要素を軸にチューンナップしたバスフィッシング専用スピニングリール。
スポンサーリンク
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリー