当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

22カルカッタコンクエスト201XGのドラグサウンドチューン&オーバーホール

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

22カルカッタコンクエスト201XGの改造依頼です。ドラグサウンドチューンを行います。

タイラバ等で10回程度使用された個体なので、合わせてOHもおこないます。

22カルコン201XGの状態は?

ハンドルがリブレに交換されていますが、スタードラグ板が歪んで取り付けられておりました。

内部ですが、結構汚れがございます。

グリスが流れている??

オイルを注しているんでしょうか。

なお、ドラグワッシャーが削れてしまっています。

使用回数に対して若干使用感が強いですね。

ドライブギア軸のベアリングも撥水グリスだったと思いますが、ここにも若干浸水したと思われる跡がありました。

オーバーホール&防錆チューニング

すべてばらして。

汚れです。

グリスや海水を巻き込んだ汚れよりもドラグワッシャーのカスや煤のような汚れが多いですね。

BOREDケミカルで防錆チューニングを施します。

ドラグワッシャーが焼けたドライブギアの裏面を研磨します。

ドラグワッシャーを交換します。

ドライブギア軸はBOREDのBLSUを添付します。

これで仕上げるとヌルヌルになりますね。

BORED METHOD DIVISIONオイル製品中でフラッグシップとなる高粘度マルチパーパスオイルをコンセプトとするBSLUオイル。 METHODオイル製品中で圧倒的なベストセラーを誇る全方向対応のマルチパーパスな用途ながら、特に油膜性、防錆性、減摩性に優れた効果を発揮する、フィッシングリールからサイクルパーツまで幅広く対応したオーバースペックな「耐久性」を重視したオイルとなります。

ただ小型番手に施すとハンドルが重くなるので注意が必要です。

スプールベアリングはCHIMERAとLIGHTDUTYで仕上げます。

キャストを一切しないのでしたら、NEMEA単体でもOKだと思います。

ローラークラッチはNEMEAですね。

BORED METHOD DIVISIONオイル製品中で中粘度長寿命低摩擦オイルをコンセプトとするNEMEAオイル。 既存製品のCHIMERAオイルで想定したコンセプトを継承し、更に海水にも完全対応した防錆性と高負荷にも耐える摩耗性を強化しながらもヌル付きやベト付きを極力排除したサッパリとしたフィーリングにより、機構や摺動を伴う動きを損なわず油膜の「耐久性」を重視したオイルとなります。

プラギア、ウォームシャフトはBOREDのOMEGAを使用。

なお、ストッパーギアが逆付けになっていました。

向きはこちらが正しいと思います。

クラッチが切れづらいことがあるそうですので、その影響があるかもしれません。

ドライブギアの穴あけと仕上げ

ドライブギアの穴をあけます。

ルーターで印をつけて。

ドリルで穴をあけます。

ルーターで仕上げて面取りします。

交換パーツです。

摺動部はDG01を中心に、クラッチヨーク周りはBOREDのNEMEAを添付してスムーズに駆動するように組みます。

ドライブギアはシマノ純正DG04を使用しました。

作業完了です。

スタードラグ板が誤って付いていたので少し調整幅が狭かったのですが、ドラグサウンドも鳴りますし、スタードラグの調整幅も問題なし。

ハンドルノブとXSHIPベアリングはBSLUとNEMEAを混合して添付しています。全体的に少しギア鳴りがフィーリングから滑らかに軽く仕上がりました。

ありがとうございました。

パワーで圧倒せよ。巻きにこだわる円形リールの旗手。金属ボディがもたらす、剛性感溢れる巻きごこち。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829