当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

23SLX DC 70XG オーバーホール

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

23SLX DC 70XGのオーバーホール依頼です。

ソルト使用もあるようで、巻き重りがひどいですね。

クラッチも硬いので、内部の固着が考えられます。

ボディ内部の状態

グリス抜けしているような感じ。

ローラークラッチはさびなどもなく。

ピニオンギアがさびていますね。

カーボンカスが結構出ています。

海水が結晶化しています。

洗浄と研磨

ドライブギアは潮とグリスが結晶化しています。

ピニオンギアのさびと、固着を研磨しました。

全体を洗浄しました。

汚れです。

ベアリングですが、3点高耐食ベアリングに交換します。

スプールベアリングは1点のみ交換です。スプールベアリングはNEMEAとBALBOAの混合カスタムで、その他はグリスベースです。

DCブレーキを分解してみたところ、パーツの割れがありました。

どこが割れたかわからないのですが、一度組んでみて違和感がないかチェックします。

ドライブギア軸はBOREDのBSLUを添付します。

BORED METHOD DIVISIONオイル製品中でフラッグシップとなる高粘度マルチパーパスオイルをコンセプトとするBSLUオイル。 METHODオイル製品中で圧倒的なベストセラーを誇る全方向対応のマルチパーパスな用途ながら、特に油膜性、防錆性、減摩性に優れた効果を発揮する、フィッシングリールからサイクルパーツまで幅広く対応したオーバースペックな「耐久性」を重視したオイルとなります。

ドライブギアはSIGMAとDELTAの混合カスタムで仕上げました。

DELTAをベースにハーフランク粘度を上げた最も高粘度なグリス。METHODウレア系グリス中で最も高い粘着性と減摩性。他のMETHODウレア系グリスとの混合で粘着性を付加

各部ケミカルでしっかりブロックしておきました。ギアの消耗感が少しございますが、巻き感は復活しました。

ありがとうございました。

抜群の飛びと対バックラッシュ性能を獲得したSLX DCに、低慣性マグナムライトスプールIIIを当クラスで初めて搭載。

パーツが折れていた箇所について(追記)

プラパーツが折れていたのはおそらくここですね。

本体Bというパーツ側に引っ付いていました。

機能的な問題があるか検証しましたが、固定には問題なさそうで、浸水リスクを考えましたが、ダイヤル部に空間があるため、該当箇所に隙間があったとしても影響がなさそうです。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829