当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

23タトゥーラ LT2500S-XH-QD オーバーホール

スポンサーリンク

23タトゥーラ LT2500S-XH-QDのオーバーホール依頼です。

以前ご依頼いただいた分のメンテナンス依頼となります。

がたつきが気になってきたということでご依頼です。

オーバーホール

ハンドルノブベアリングはご自身でHRCBに交換されたそうです。

その際、0.01mmのシムが歪んだそうで。

0.03mmだときつく、0.02mm追加でちょうどよかったです。

アルミカラーとハンドルの間に入れておきます。

ドラグは触らず、その他、ベアリングはNEMEAを添付しました。

ボディ内部です。

注油の影響か、グリス自体の粘性が少し緩かったのかもしれませんが、少しグリスが抜けてますかね。

洗浄します。

ドライブギアは元々ALPHAとOMEGAの混合カスタムで仕上げておりましたが、今回はDELTAを添付します。

全天候高粘度セミシンセティックグリスとして、ALPHAよりもワンランク、THETAよりもツーランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は2号となり、汎用では高粘度なグリスとなります。

ベアリングはドライブギア左右にBSLUをメインに注油してその他のベアリングも含めNEMEAで調整して仕上げました。

ケミカルを少し強めにして滑らかでガタつきがなくなるような調整で仕上げました。

当初からあるざらつきは完全に取れないのですね。このクラスのリールだと、これ以上のシム調整は限界で、がたつきを取るためにシムを入れると、ざらつきや巻き重り、ギア消耗が早くなるなどの影響が出そうです。

この度はご依頼いただきありがとうございました。

「ZAION V製モノコックボディ×AIRDRIVE DESIGN」により、 剛性と操作性を高めたバスフィッシング専用スピニング。

コメント

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031