当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 23ヴァンキッシュ C2000S 軽巻きチューン

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

19ヴァンキッシュに引き続き23ヴァンキッシュ C2000Sの軽巻きチューン(オイルチューン)です。

オーバーホール

ハンドル、ローター、スプールを分解。

汚れはほとんどないですね。

シム調整です。

0.20mm→0.15mmへ。

ラインローラーは持ち込みですね。

ライトゲーム専用ラインローラー零 1000~2500番サイズのスピニングリール専用設計です。

チューン内容は19ヴァンキッシュと同じです。

ボディ内部です。

比較的巻きが軽かったのですが、ボディ内部のケミカルが若干少ないかもしれませんが、小型番手だとちょうど良いバランスですね。

洗浄します。

ボディ内部の汚れです。

少し使用感がでているベアリングがありますが、いったんオイルチューンで仕上げていきます。

LIGHT DUTYを添付。

2015年10月のマイナーチェンジにより配合している添加剤を見直し、当社KRAKENやGOLYATよりも極圧性と減摩性を向上させ、 低粘度ながらも耐久性を併せ持つ性能となっています。

ドライブギア、その他ギア、ウォームシャフト周りはBOREDのTHETAを添付します。

軽めのトルクでよければ、このグリスのみである程度仕上がりますね。

ALPHAよりもワンランク、DELTAよりもツーランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号となり、汎用では低粘度なグリスとなります。

いったん組みます。

ざらつきはあまり感じませんが、シュルシュルと異音があります。

原因のローターナットベアリング。

22ステラ使用へ変更です。

ピニオンギア下のベアリングですね。

こちらも汎用ベアリングに交換します。

作業完了しました。

ベアリングの消耗?が少しございましたが、全体的には特に違和感なく仕上がりました。

巻き自体はそこまで軽くなっていないかもしれませんが、ベアリングの抵抗感が取れているのと、グリスが少し緩めなので、ライトに仕上がっていると思います。

ありがとうございました。

コメント

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031