当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 シルバークリーク プレッソ(04年製)軽巻きチューン

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

初期のプレッソのOH依頼(軽巻きチューン)です。

ハンドルが固くて取れないので、ハンドルが着いた状態で作業していきます。

オーバーホール

ボディ内部。

まっくろですね。

プラパーツが取れないです。

まあまあ汚れてます。

ベアリングを洗浄してテスト。少しザラツキがあるので交換します。

ALL洗浄しました

ウォームシャフトですが、シム調整してガタツキを取ります。

0.15mmのシムを追加。

一度組みましたが、上部ブッシュをベアリングに交換します。

ベアリングもLIGHTDUTYでオイルチューンにしています。

グリスアップします。

ウォームシャフトはノイズが出やすいので、粘度高めで仕上げます。

シム調整は不要ですね。

続いてスプール、ハンドル、ローターをばらします。

全体の汚れです。汚れの色の原因はウォームシャフトの汚れですね。

トーナメントグリスを添付します。

まだトーナメントグリス3のストックがあったので使用しましたが、すでに廃盤なのかどこにも売っていないですね。UTDでもいいのかもしれませんが、フィーリングはトーナメントグリス3の方が個人的には使いやすいです。

ラインローラーのガタツキが気になるということで、シムを減らしました。

0.5mm、0.2mmがそれぞれ1枚ありましたが、0.2mmを抜いています。これ以上は減らせないですね。ラインローラーはLIGHT DUTYを添付。

2015年10月のマイナーチェンジにより配合している添加剤を見直し、当社KRAKENやGOLYATよりも極圧性と減摩性を向上させ、 低粘度ながらも耐久性を併せ持つ性能となっています。

ハンドルはネジを外して強く引っ張れば抜けます。

なお、ブッシュもドライブギアに4mmの六角ナットで押せば抜けました。

ハンドルノブはロサで仕上げました。

粘度UP 防錆特化型 ●グリッチオイル独自の特殊潤滑添加剤を配合することにより中粘度でありながら納得のいく潤滑性能と耐摩耗性能を発揮。

作業完了しました。ザラツキが少しありますが、元々のグリスが抜けたようなフィーリングからしっとりとしたフィールにはなったと思います。

再調整でベアリングをオイルチューンで仕上げたのでよりライトに。

ありがとうございました。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829