修理依頼 19ヴァンキッシュ 1000PGS ローラークラッチの組み上げとO/H

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュの修理依頼です。

ローラークラッチをばらしてしまったそうで、組み上げとオーバーホールを行います。

ローラークラッチ組み上げ

バラバラでも大丈夫です。

先の細い針のような工具とピンセットがあれば組み上げられます。

バネがゆがむと機能が損なわれるケースがあるので注意が必要ですが。

一度組んでテストしてみます。

普通に動きますね。

心出しが出来ていないのでゴリゴリする状態だそうです。あと、ガタツキを出来る限り取ります。

オーバーホール

ボディ内部。

ドライブギアは問題なさそうです。

中間ギア周りのノイズが強いですかね。

ベアリングを洗浄します。

内部ALL洗浄しました。

組んでいきます。

ウォームシャフト下部のブッシュがちょっときついですね。その為ベアリングに交換しました。

中間ギアのクリアランスが大きく0.2mmのシムでジャストでした。

ウェーブシムをキャンセルします。

ピニオンギア上部には、0.05mmのシムを追加。

ウォームシャフトはボアードLDG、ドライブギアはスミスリールグリスを添付します。

0.01mmのシムを入れます。

ワッシャーの位置に誤りがありました。

ここですね。

組んでみましたが、中間ギアのノイズが強いです。

あとで微調整します。

ローター、スプール、ハンドルも洗浄します。

綺麗になりました!

まず、ベアリングノイズがあります。IOSーPRO01を添付しましたが、ピニオンギア下部は交換した方がいいと思います。

0.025mmと0.01mmのシムを追加。

ローターのガタをなくします。

ベアリングノイズが残ってしまうんですよね。交換してもボディのゆがみ??の為か恐らく中間ギアのノイズが出ますね。

フィーリングが自体はいいんですが、やはりシム詰めすぎとも感じるレベルです。かといってシムを抜くとガタつきが少し出るので、どうしたものかといったところです。

再調整

以下テスト。

中間ギア、ウォームシャフトギア3点交換。→ ほぼ変化なし。

ステラPGのドライブギア、ピニオンギア交換。

→ クリアランスの程度の差で、少し重くなる。ギア問題なし。

ボディ4点グリスベアリングに交換

→ しっとりしたフィーリングになるものの、重くなる、ノイズが消えない。

結局以下で対応しました。

・シムの再調整

→ 僅かにクリアランスを設けました。

ジャストからマイナス0.02mm~0.01mm程度の調整です。なお、ローターのシムをギリギリまで詰めたらチャカ付きが抑えられますが、巻きが重くなってしまいます。

・ケミカルの調整

ピニオンギアの下部のみグリスベアリングに。IOSギアグリスをドライブギアに。中間ギアにスミスリールグリスを。

オイルのIOSPRO-01のまま。

ベアリングノイズは少しありますが、分からない程度だと思います。中間ギアのノイズも減りました。

少ししっとりと重くなりますが、ギアグリスがマスクしてくれています。

パーツ精度が高いともう少し追い込めそうです。

実は心出し・センターだしの調整はほぼ必要なくなったんですが18ステラ、19ヴァンキッシュともに、こういう個体が非常に多いですね。

ありがとうございました!

スポンサーリンク
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリー