当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

20ツインパワー4000MHG フルベアリングチューン

スポンサーリンク

20ツインパワー4000MHG フルベアリングチューニング依頼となります。新品の20TPです。巻き始めの巻重りとギアノイズが若干ありますね。

ラインローラーハンドルのチューニング

スプールは作業なしで。

ラインローラーはIOSインパクトに変更されています。がたつきがあるということでしたが、アーム固定軸の組みが甘いのでがたつきに至っています。

洗浄します。

セットもののベアリングだと思いますが、状態が悪いものが混入しているケースが目立ちます。中華製のものに多いですが、国内メーカーでも精度の良いベアリングが入っていないように思います。

1点交換しました。ラインローラーはNEMEA、ハンドルノブはBSLUを使用。

ローターナットベアリング追加

ローターナットベアリングを追加します。ローターナットそのものも交換。シールも交換が必要ですのです。

SW機の場合はここにステラSWのピニオンギアを変更しないとローターナットBB化できないのでかなり高額になります。

ウォームシャフトベアリング追加

ボディ内部です。

グリスが多め。

巻き感が重く感じる原因ですね。

洗浄します。

汚れはないです。

この二か所ベアリングに交換です。

グリスアップ、シム調整

BOREDのDELTAを添付しました。

全天候高粘度セミシンセティックグリスとして、ALPHAよりもワンランク、THETAよりもツーランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は2号となり、汎用では高粘度なグリスとなります。

組んでもノイズが消えないんですよね。問題点はボディ精度によるものかと思います。あとは以下に違和感があります。

ピニオンギア下ベアリングにざらつきがありました。

交換します。

ドライブギアのシムがきついですね。

0.03mmのシムを抜いて、0.02mmのシムをいれます。0.17mmとしました。

作業完了です。

巻き重り感は解消しましたが、ノイズが完全に取れません。なお、ハンドルの遊びが若干あるように感じるかもしれませんが、0.01mmの差でギア摩耗が促進される状態だったと思われます。

この世代はシムがきつめに設定されているので、ギア消耗が早い個体が一定数ありますね。

ありがとうございました。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930