修理依頼 レボ ALX シータ 2500SH 巻き取り時、リールシートに振動がある

スポンサーリンク

18ソアレに引き続き、2台目レボ ALX シータの修理依頼です。

使用回数の少ない中古のようですが、巻き取り時にリールシートに振動があるということでご依頼です。

原因

実はあまり状態が分からなかったんですが、原因と思しき箇所が御座いました。

メインシャフトと摺動子のネジが緩んでいたんですね。

このネジをねじロックで固定しました。

あとノイズとガタツキを抑える為にオーバーホールしました。

オーバーホール

順番にばらします。

ハンドル、スプールも問題なしです。

ご依頼時にも共有頂いておりましたが、前オーナーがばらしたのか、ネジ山をなめていますね。

ラインローラーチェックしますが、ここも問題ないですね。

使用感を感じません(笑)

ローターも終了。

ボディです。

メンテナンス性を上げる為のベアリング抑え板です。

実際はこれを外さず、ドライブギアにアクセスでき、グリスアップ出来る構造になっています。

バラシ完了です。

メインシャフト以外は不具合はなさそうですね。

メインシャフトのグリスの付着が多いので、ローターからオイルを注して、グリスを流して巻きを軽くしてたんですね。

その結果かどうかはわかりませんが、メインシャフトのネジが緩んだんでしょうか。

フレーム構造はダイワのモノコックボディに似ています。

グリスアップして組みます。

Sカム式ですが、オシュレート調整していますね。

前日オーバーホールした18ソアレBB500と構造的には似ています。

組み上げます。

いったん組みましたが、ハンドル遊びがあるので、再調整します。

0.025mmのシムを追加します。

ラインをまき直してテスト。

多分大丈夫だと思います。

なお、プラシムを1枚抜いています。

テーパーの調整には、以下のように白いプラワッシャーを黒いワッシャーの上にかましてください。

作業完了しました。

ガタツキはだいぶ無くなりました。

巻きの軽さはそれほどかわりませんが、振れ、巻き取り時のリールシートへの振動はとれたんですかね。(キャストテストできていないので、再現できていないです。)

一度確認していただけると幸いです。

ありがとうございました!

スポンサーリンク
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
カテゴリー