改造依頼 11オシアカルカッタ 201HG ドラグサウンドチューン

スポンサーリンク

11オシアカルカッタ201HGのドラグサウンドチューン依頼です。

この世代はパーツ供給がなく純正パーツからドラグサウンドチューン移植が出来ないです。

アブガルシアのドラグパーツを移植しますが、ギア径が小さいのでどうやって構築するか、確認しながら作業していきます。

オーバーホール

先にすべてばらして洗浄していきます。

大きな不具合はなく、いい具合にグリスが残っています。

ギアもきれいです。

スプール回りも大丈夫です。

フレームとボディの間にオイルでグリスが若干流れていますね。

洗浄しました。

汚れです。

社外製ハンドルが取れないのでこのままとしております。

スプールを磨きました。

とりあえず途中まで組みます。

ドラグサウンドチューン

右ハンドルのワッシャーを使用してテストしましたが、ギアの径が合わない。

色々とテストしましたが、純正が以下に対し。

以下で組みます。

ワッシャーは以下を手配。

1400448 REVO ALC-BF7 48番 1281218 DRAG WASHER (K)

1400448 REVO ALC-BF7 49番 1281219 DRAG WASHER (K)

1400459 REVO ALC-BF7-L 50番 1302687 EAR WASHER (K)

イヤーワッシャーは両面テープで貼り付け、角度を鈍角にしておきます。

こんな感じになります。

組みましたが巻きの際に若干違和感があります・・・。

ギザのワッシャーとストッパーギアの間にもアブのシムを追加します。(写真には写っていません。)

通常ワッシャーは追加しなくても駆動しますが、、入れることでストッパー爪に引っかかりにくくなります。

合計3枚使いました。

まだ違和感が。

カチャカチャと異音があります。

Oリングを追加してみます。

スプールフリーで抵抗感が出るのでグリス添付して消音させました。

作業完了しました。

ドラグもそこまで下がっていないですかね。音もしっかりと出ました。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
カテゴリー