当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

チューニング依頼 19ヴァンキッシュ C2000SHG ハイパーチューン&IOSケミカルチューン

チューニング依頼
スポンサーリンク

19ヴァンキッシュC2000SHGのチューニング依頼です。

IOSのSシステム持ち込み、IOSケミカルチューン、

ハイパフォーマンスチューンを施します。

リール自体の巻き心地ですが、依頼時点で少しザラツキがあります。

IOSケミカルチューン

ローターとスプール、ハンドルノブをばらします。

ドラグワッシャーはしろくまです。

インナーを抜いて、シムを0.15mmのシムを温存し、0.01mmのシムを追加します。

ハンドルノブはIOS02PROで仕上げます。

IOS-02PRO は中高粘度(オイルの中ではかなり粘度の高い方です)。IOSオイル最高レベルの極圧性と防水力を誇り、豪雨の中の釣りや炎天下のトーナメント競技や雷魚釣りなど、特に耐久性を求められるヘビーユースの釣りに最適です。

ラインローラーは純正グリスを追加しました。

ボディ内部です。

ギアのザラツキが購入当初からだと、組み上げミス、ケミカルバランスの崩れの可能性があります。

ケミカルが多く、ハンドルの遊びが大きいです。

ザラツキがある個体なので、ケミカルを多めに入れている感じですね。

ドライブギアのシムは0.07mmが2枚。

少しクリアランスがあります。

汚れ自体はそこまでありません。

ベアリングですが、ピニオンギア下のベアリングのみザラツキが強く出ていました。

ウォームシャフト下もベアリングにします。

すべてIOS02PROを充填しています。

中間ギアのシム調整。

ウェーブワッシャーを抜いて0.07mm入れます。

ウォームシャフト下のシム調整。

0.27mmにします。

ピニオンギア下ですが、

0.38mmですね。

0.39mmでもテストしましたが、僅かにキツイ。クリアランスはちょうどいいのですが少しザラツキが出始めるポイントでした。

IOSギアグリスを添付。

粘度高めです!優れた潤滑性、クラス最高水準の対荷重性、ソルトでも安心して使える優れた防水性能、100%化学合成ならではの極寒から真夏の炎天下、そして風雨にさらされ続けるリールの心臓部とも言えるメインギアを守る、ハイスペック・ギアグリスです。

中間ギア、ウォームシャフトはスミスのリールグリスを添付します。

ローラークラッチはIOS01PROです。

ノイズが取れないんですよね。巻き自体は軽くなりますが、ザラツキが取れない。

ウォームシャフト、中間ギアは違和感がないので、恐らくピニオンギアの収まりが悪いことに起因すると思います。

ウォームシャフトピンのシムを抜きます。(0.20→0.15mm)

組みます。

少し改善したような。

0.15→0.10mmへ。

確かに巻き感が良化していますね。だたテンションが掛かると別の違和感がおきそうなので、これ以上はシムを抜かない方がよさそうです。

中間ギアの粘性を02PROを添付して改めて調整します。

Sシステムのスプラインにグリスを添付します。

スムースなシマノリールのドラグ特性はそのままに、タメの効いたフッキングを可能にするドラグユニット・カスタムパーツ

スプールのテーパーの調整です。

1.5mm分いれました。

作業完了しました。巻き心地は軽くなりましたが、ざらつきは取り切れず。シムを完全にクリアランスを取るとノイズが強くでるので、ドライブギアは現状のままとし、ピニオンギアも0.01mm分遊びを設けました。

ウォームシャフトとメインシャフトのアタリから、ピニオンギアからノイズが出ているように思います。

少し甘く組んでいるので、空巻きはノイズがかなり減っていると思います。テンションが掛かるとそれほど変わらないですが、構造的に調整は難しいですね。

ありがとうございました。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829