チューニング依頼 19ヴァンキッシュ C2500SHG ハイパーチューン(前編)

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュC2500SHGのチューニング依頼をいただきました。

使用頻度は3回ほどだそうですが、巻きが重いということでご依頼です。

チューニング

新品とさほど変わらないため、ハンドル、スプール、ローターはそのままとしました。

巻き心地は確かに重いですね。

ボディ内部です。

目視では気になる所はないです。

洗浄します。

ウォームシャフト下はベアリングに交換します。

ウェーブワッシャーキャンセルします。

0.33mm。

中間ギアのシムですが、

0.2mmだときつくて。

0.19mmでもまだきつく。

0.18mmで決まりました。

ピニオンギア下です。

0.48mm。

0.47mm。

まだきついかもしれませんが、一度組んでみます。

BOREDのALPHAを添付。

全天候中粘度セミシンセティックグリス。全天候中粘度セミシンセティックグリスとして、DELTAよりもワンランク粘度をダウン、THETAよりもワンランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は1号となり、汎用では中粘度のグリスとなります。

ウォームシャフト、中間ギアにはOMEGAで仕上げます。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

結局、シムはだいぶきつくて0.42mmでした。

ウォームシャフトが当たるので、シムを減らします。

0.1mm→0.03mmに変更。まだ当たりますね。

ローラークラッチインナーですが、黒く変色しています。

芯がずれているのかもしれません。

ドライブギアのシムも0.01mm分減らしました。

0.17mmです。

クリアランス調整を終えました。

まだ少しザラツキ、ノイズがあります。

ボディを入れ替えてみてどこまで良くなるかというところですね。

ボディが届いたので作業再開します。 前回まではこちらです。 ボディ入れ替え&チューニング ばらして入れ替えていきま...

スプール規格一新で汎用性が格段に向上!!さらに軽く進化!
スポンサーリンク
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー