当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 20ツインパワー 4000XG ハイパーチューン(MTCW-SWチューン)

チューニング依頼
スポンサーリンク

20ツインパワー4000XGのハイパフォーマンスチューン依頼です。フルベアリング化、MTCW-SWチューンを行ってまいります。

状態としてはベアリングにザラツキが出ている印象です。オイルを注油したと教えていただきましたが、恐らくそれが1つの原因だと思います。

ハイパフォーマンスチューン(MTCW-SWチューン)

MTCWのSWグリス、オイルを使用してチューニングしてまいります。

まずは、ローター、スプール、ハンドルを分解です。

ハンドルノブベアリングを交換します。

社外製のハンドルノブですが、同梱されているベアリングだと新品の段階ですでにザラツキが出ているものもあります。

チェックした方がいいですね。注油ですが、高粘度オイルを使用します。

粘度が高くジギング用ベイトリール・8000番以上のスピニングリールに最適です。オイル粘度 ミディアム

クリアランス調整します。

0.4mmのシムを抜いて、0.05mm分シムを追加しました。

続いてスプールですが、SW用ドラググリスを添付します。

ドラグ力が相当高くなります。

かなりしっかりと効きます。

超高粘度ドラググリスです。粘度が高く、SW系ベイトリール・スピニングリールに最適です。600度まで対応。

ラインローラーはフッ素グリスで仕上げています。こちらは注油厳禁です。

続いてボディ内部です。

注油されていたので、全体的にグリスが緩んでいますね。

ドライブギアも少し抜けています。

ベアリングのグリスも流れているようですね。シャリ感はここからきています。

ドライブギア側。

ウォームシャフトのグリスも、メインシャフトをつたって抜けた感じでしょうか。

フタ側のベアリングもかなり抜けています。

洗浄を終えました。

汚れです。

SWオイルを添付しましたが、やはり重すぎました。

ドライブギア左右はノイズが強いので、高耐食ベアリングに交換します。

中間ギアのシムを変更します。

0.18mm。

ウォームシャフト上下をBB化します。

シムを交換します。

0.43mmです。

ピニオンギア下のシムを変更します。

0.47mmです。0.48mmだとわずかにキツイですね。

グリスアップします。

ちょっとオーバースペックかもしれませんが、ドライブギアはMTGG-SW-Hです。

中間ギアはSW01を添付、ウォームシャフト回りはワンランクしたのMTGG-SWです。

粘度が高くジギング用ベイトリール・スピニングリールに最適です。

組んでいきます。ローターナットベアリング化。

ローターナットを交換、シール、ベアリング、ブッシュを交換します。

組んでみましたが、ちょっと重いです。

グリスが強すぎるようですね。僅かにチャカ付きがあるので、ドライブギアにシムを追加。

0.01mmです。

ザラツキがあるので、ピニオンギア上下も高耐食ベアリングを交換します。

ピニオン下のベアリングはローターナットベアリングに流用します。

再度組みます。

やはりケミカルを変更します。ドライブギアもMTGG-SWへ。

巻き感は良化しました。

ベアリングは交換したのでザラツキは減少していますが、ノイズは完全に取れませんでした。

元々、少しノイズがある個体ですかね。違和感を消そうと注油すると一時は軽くなりますが、ザラツキが出たりノイズが強くなってきます。今回完全に良い状態まで仕上がらないのは、個体精度によるものかと思います。

ありがとうございました。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829