23月下美人LT2000S-Hのマグシールドレス化、ガタツキとざらつきをなくすチューニング

チューニング依頼
スポンサーリンク

23月下美人LT2000S-Hのチューニング依頼です。

マグシールドレス化とざらつき、ガタツキをなくしてほしいというご依頼です。

滑らかなんですが、確かにざらつきは御座います。

ローター周りのチェック

スプールはそのままにしています。

ATDが機能しています。

ローターはラインローラーのみ分解ですね。

BOREDのBALBOAとLIGHT DUTYを混合して仕上げます。

ハンドルノブは0.03mmのシムを追加します。

ゴメクサスのハンドルノブですが、ベアリングは付属品をご使用のようです。あまり精度が高くないので、洗浄するとざらつきが出ますね。

グリッチオイルのロサでノイズを低減させます。

浸水??

ワンウェイクラッチ周りに浸水のあとでしょうか。

オシレーティングギアにも。

その他は気にならなかったのですが、若干水分が内部に侵入しているように思います。

洗浄してキレイにしますよ。

汚れてないですね。

グリスアップとシム調整

ケミカルはBOREDのOMEGAを中心に、ドライブギアはTHETAを使用します。

オシレート周りとベアリングはNEMEAを添付します。

マグシールドを除去します。

組んでテストです。

タフデジギアなので、精度を求めるのはナンセンスですが、どうしてもきつめに組まれていることが多く感じます。

シムですが、0.20mmが2枚、0.05mmが1枚、0.025mm?(0.03mmかな?)が1枚入っていますが、0.01mmのものと交換します。

ドライブギアのクリアランスを少しだけ作ってやります。ざらつきとガタツキはトレードオフの関係で、最適なポイントがどこか探して決めます。

ざらつきは完全には取れないですね。

ベアリングによるものではなく、ボディとギアのバランスによるノイズです。ただ、どうしてもどちらかが改善しないということが多くありますが、極力ギアへの負荷がかからず、巻きの違和感がないように仕上げました。

ケミカルの特性で少しモタっとした感じもあります。

巻きの速度を上げるとどうしてもガタツキを感じると思いますが、実釣時に使用するリトリーブスピードで気持ちよく巻けるよう仕上げました。

ありがとうございました。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829