当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

チューニング依頼 22ステラ 1000SSPG ハイパーチューン

チューニング依頼
スポンサーリンク

22ステラ1000SSPGのチューニング依頼です。

ハンドルのガタツキと巻き重り感が気になるということでご依頼頂きました。少しシュル感がありますが、比較的状態が良い個体です。

ハイパフォーマンスチューン

巻き重り感は少しあるかなというレベルでして、ガタツキもそこまで大きくないと思います。

ハンドルノブの持ち込みによる交換です。

ベアリングを洗浄して。

シム調整します。

元々のパーツから組み込みます。

追加したシムは、外側に0.10mmを1枚、内側には0.03mmのシムを1枚。

ローター、スプールは作業無しで進めます。

ボディ内部です。

グリスの量は適量ですね。巻き重りにつながるところはあまりありません。

洗浄します。

汚れは無いですね。

巻きを軽くするため、ピニオンギア上部のベアリングはオイルチューンです。

ガタツキを取るためにOリング付ベアリングは交換します。

ドライブギアボディ側は高耐食BBへ。

通常のステンベアリングよりも格段に耐食性に優れたベアリングです。 特に海水での使用にオススメ!

ピニオンギア下はHRCBです。

特殊な製法により金属そのものが非常に錆びにくい新しい技術を採用。プレミアム(SHG)に比べ10倍以上の防錆性能を誇るソルト対応ベアリングです。

ウォームシャフト下のシムを交換します。

0.33mm。

ピニオンギア下は0.37mmで。

ドライブギアはTHETAを添付します。

ALPHAよりもワンランク、DELTAよりもツーランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号となり、汎用では低粘度なグリスとなります。

ボディ内部ですが、ウォームシャフトにはOMEGA、中間ギアはNEMEAとTHICK HEAVYを混合して馴染ませます。

作業完了しました。

すべてTHETAでもある程度仕上がってきますが、各部のフリクションを下げてノイズが出来るだけでないようにしました。

巻き感も軽く仕上がっていると思います。

ハンドルのガタですが、ギリギリまで攻めました。写真の撮り忘れですが、0.17mmから0.01mmを2枚追加しています。

ガタツキはほぼ無いと思いますが、僅かにドライブギアのクリアランスがありますがこれ以上は危険ですね。

ありがとうございました。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829