チューニング依頼 22ステラ C2500SXG ハイパーチューン(前編)

スポンサーリンク

22ステラ C2500SXGのハイパフォーマンスチューン依頼です。

使用4回ということでスタートアップチューン。

ハンドルノブ調整

ハンドルノブの調整。ベアリングを交換してテストします。

匠ベアリングをテスト。

リブレフィーノには、高回転はあまり相性が良くなかったです。

クリアランスは0.05mmのシムを追加しました。

純正の方が雑味なく回転します。

チューニング

ボディを開けます。

メインシャフトにグリスが付着しています。

グリスが多いですね。

洗浄します。

パッキン類を外して調整します。

洗浄したベアリングです。

ウォームシャフトは0.30mm。

ピニオンギアは0.38mm。

IOSギアグリスで仕上げます。

マイクロモジュールギアはオイルチューンで。

中年度のグリッチオイルロサを使用します。

ドライブギアのシムですが、0.15mmだったのですが、プラス0.02mm入れても緩く。

0.03mmですね。

なぜか、シャラシャラ感があります。異音が取れない。

ベアリングを交換してテストします。

ダメですね。ベアリングノイズではなく、中間ギアがノイズの原因のようです。早巻きで調整レベルによってはカラカラと異音がします。

アブガルシアのリールグリスでいったん組みなおしました。

ドライブギアのシムを元に戻し、ドライブギアとベアリングのOリングをいったん戻しました。

元のフィールに戻りましたが、かなり早巻きでシャラシャラが残ります。恐らく中間ギアを交換すれば治るかもしれませんので、改めてギア交換で再度テストします。

22ステラは、いろいろと不具合が多い気がしますね・・・。

ギアがダメだと思っていましたが、ノイズの原因が特定できました。 前回まではこちらです IOSケミカルでチューニングします...
スポンサーリンク
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリー