当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

チューニング依頼 23ハイパーフォースLB C3000MDHPG

チューニング依頼
スポンサーリンク

23ハイパーフォースLB C3000MDHPGのチューニング依頼です。新品購入されて、巻き感の巻き重りが気になるということでご依頼いただきました。

チューニング

ばらしていきます。

スプール、ローター、ハンドルは作業なしで進めます。

ブレーキユニットを外して。

16デスピナの音出しカスタムを結構やっているんですが、ベースはBB-Xデスピナですね。ほとんど構造が同じです。

ギアサイズほぼ同じですね。

ドライブギアの状態。

ボディ内部。

グリスは少々多いですね。グリスを入れ替えます。ボディのシムですが、外側ではなく内側の外径に付いています。0.50mmで、ドライブギアのガタツキ調整の為ではなく、ベアリングを固定するために付いているようです。

なお、ベアリングが内径8mmですね。左右とも同規格に変更されています。

ピニオンギア下にとメインシャフトにグリスが付着しています。少し巻き抵抗が出ています。

洗浄しました。

各所にパッキンが。

ピニオンギア上部のベアリングはOリング付ではなく、上部に噛ませる形です。

ボディのシールです。左右とも同じようにOリングがあります。カバーのフタはピッチネジで固定する形ですね。ボディは樹脂製です。

リールフット側のフタはアルミ?金属製ですね。

ウォームシャフトをBB化します。

上部は内径2mmになっています。16デスピナは上下同じ内径3mmですから、各所ベアリングのサイズはマイナーチェンジされています。

下部はこのサイズです。

ウォームシャフト下のシムを平シムに置換します。

ウェーブワッシャを抜いて0.30mm追加して0.45mmに。
リールフット側のベアリングですが、固定するためのネジ穴??がありますが、固定しないんですね。

ドライブギアのシムですが、現行の多くがベアリングとフタの間に噛ませる形ですが、23ハイパーフォースLBは内側の内径に入っています。(0.40mm、0.05mm、0.03mmの3枚でした。)

続いてグリスアップしていきます。

BOREDのDELTAをドライブギアに。

全天候高粘度セミシンセティックグリスとして、ALPHAよりもワンランク、THETAよりもツーランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は2号となり、汎用では高粘度なグリスとなります。

ウォームシャフトはBOREDのTHETAを添付。

ALPHAよりもワンランク、DELTAよりもツーランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号となり、汎用では低粘度なグリスとなります。

ベアリングのシム周りや、ウォームシャフトピン、各部にNEMEAを添付しています。

組んでいきますよ。

パッキンが多いですよね。防水を意識した作りです。

ローター裏ですが、撥水グリスとパッキンですね。ステンレス線のパーツですが、レバーを押して倒した時にローターがブレーキコアを固定しますが、その際にステンレス線の輪っかが回る仕組みです。

少しシュルシュルなっていたので、線のみにNEMEAを添付しておきました。

BORED METHOD DIVISIONオイル製品中で中粘度長寿命低摩擦オイルをコンセプトとするNEMEAオイル。 既存製品のCHIMERAオイルで想定したコンセプトを継承し、更に海水にも完全対応した防錆性と高負荷にも耐える摩耗性を強化しながらもヌル付きやベト付きを極力排除したサッパリとしたフィーリングにより、機構や摺動を伴う動きを損なわず油膜の「耐久性」を重視したオイルとなります。

使っているうちにうまく滑るとノイズは消えますが、調整して消すのが難しいポイントですね。

ローターナットにブッシュ&ベアリングを追加します。

22ステラのパーツを流用します。

なお、ベアリングサイズはこちらです。

通常のステンベアリングよりも格段に耐食性に優れたベアリングです。 特に海水での使用にオススメ!

露出箇所ですので、高耐食ベアリングがオススメです。ただ、ピニオンギアでメインシャフトを受けていてガタツキがわずかにある程度です。
実際はブッシュで受けても多少良くなるかな~~位の印象なので入れる必要はないかもしれません。

その為、ベアリングなしとなりました。

作業完了しました。
無事巻き感は軽くなりました。ノイズもあまりないと思います。このリール実はGフリーボディではないんですが、ローターも軽いしボディも強固ですし防錆もしっかりしているので、非常に使いやすいかと思います。
ありがとうございました。

ハイパーフォースLBは多彩なルアーフィッシングに対応するため構築したLBリール。レバーを引く力に比例したスムーズなブレーキ調整が可能なEXS(エクス)ブレーキを搭載。

コメント

  1. GON より:

    こちらのチューンは23デスピナにも応用出来ますでしょうか?
    ウォームシャフトの上下カラーをBBに変更したいのですが…

    • ともにぃ より:

      23デスピナの内部を確認したことはありませんが、おそらく同じ構造かと思います。
      そのため、ベアリング追加は可能かと思われます。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829