紀伊半島および大阪湾でのタチウオワインドの攻略方法

スポンサーリンク

紀伊半島および、大阪湾でのワインドによるタチウオ(cutlass fish)の攻略です。

関西で最も人気のあるタチウオ釣りですが、 簡単に釣果を出すポイント をまとめてました。

2017年の1年間、タチウオについてはワインドをメインにやってきた結果です。ぜひ参考にしてください。

釣れる季節

まず、護岸からタチウオが狙えるシーズンですが、

春過ぎから梅雨まで と、秋から冬の手前まで となります。

つまり、春過ぎと秋から冬と2つの季節に分かれ、時期よっても上がるサイズは異なります。

釣れるタイミング

季節に関係なく、基本的には朝夕マヅメ時です。

ただし、

日が長い時は、朝は早く夜は遅く なり、

日が短いと、朝は遅く夜は早く なります。

なお、大潮だとアタリが出にくいケースがありますが、タチウオは捕食があまりうまくないと言われます。潮の流れで、バイトがうまく出来ないのかもしれません。

春先のタチウオ

春先は、大きめサイズも上がります。

梅雨の手前までの約1ヶ月の期間(4月から5月終わり位まで)のみ、護岸付近まで接岸してくるようです。

ポイント(地域など)

春のタチウオは外洋に面した箇所での釣果がほとんどです。特に和歌山市内以南を中心に釣果が出ます。

(写真は青岸です。)

大阪湾ではあまり釣果が見られません。神戸の一部地域や、淡路島等では和歌山と同じく釣果が確認できます。

バイトパターン

この春先の時期は、バイトパターンは読めません。

喰いこみが非常にいい時は、フォール中にガツンと来たりします。サバのテンヤで爆釣しているのを見たこともあります。

ワインドアクションより、ドジョウの引き釣りのような、

いわゆる ただ巻きに近いアクション が良い場合が多いと思います。マヅメ時に合わせてエントリーすれば、比較的簡単に釣果を得ることが出来ます。

パワーシャッドでただ巻きだと、外道でカマスが釣れたりします。

場所は和歌山の青岸です。

秋以降のタチウオ

秋からは小さい個体が上がり、

冬に向かうに従ってサイズが上がり、

12月から翌年の1月頃が、ドラゴンと呼ばれる指5本クラスのタチウオが上がる 機会が増えるようです。ちなみに自分はまだドラゴンを仕留めたことはありません。

ポイント(地域など)

秋口からは、外洋でのアタリが出始めて、

冬に向かうに従い、奥湾での釣果が良くなっていきます。

11月下旬から12月上旬はベイトも奥湾に入り込んでいる為か、外洋より奥湾での釣果が良く出ているケースも多くなります。

バイトパターン

秋口はフォールでガンガン来ます。

ワインドアクションに高レスポンスの時期です。

11月を過ぎると喰いが落ちてきます。

12月を過ぎるとサイズも大きくなり、単純にワインドやフォールのみで喰わせるのは難しくなります。

寒くなるに従って、底に張り付きますので、表層狙いは秋のはじめ位がいいですね。

タックルについて

自分が使っているタックルについて紹介します。

なお、ロッドの硬さ故に感度もいいので、5gのテキサスリグをセッティングして、夏の淀川におけるブリームゲームでも使用しています。

リールもラインも基本的には同じセッティングです。

ロッド

このロッドをメインで使用してワインドしています。

かなり硬めなのでワインド向きです。

そして、激安です。

いつもお世話になっているロッドのインプレです。 使い始めて約一年。 本格的にルアーフィッシングをするきっかけになったロッドであり...

ただネーミングセンスが・・・。

リール

コスパの良いエントリークラス!改造ベースにも!

ワインドだと巻き量がHGのほうが使いやすいです。

17セドナ2500HGのファーストインプレッションです。 先日アマゾンで中古品の17セドナ2500HGが格安で売っていたので、思わず買...

スペックも17セドナで十分!

ライン

0.8号のPEラインから1号位までのPEラインで。

以前はこれを使っていました。

従来のブレイドライン(組糸)の比重0.97と比べ比重が1.0と高いため糸フケが減少!

コーテッドラインは好みが分かれますね。劣化具合が目に見えるので、カットのタイミングがわかるのが良いです。

なお、ナチュラムで激安だったので・・・、

ただ今、歳末ナチュラム際が開催されており、12月21日までの開催となってます。 私もいくつか商品をチェックしており、送料が5,000円...

最近はこちらを使っています。

柔らかく、細く、しなやかで強度は十分。

個人的には使いやすいタイプですね。

リーダー

リーダーはカーボナイロンの20LB(5号)か25LB(7号)です。

ナイロンの操作性と遠投性能、直線・結節強度、これにフロロカーボンの低伸度性と高感度性能を兼ね備えたハイブリッドライン

(カーボナイロンは安いので・・・。)

なお、ワイヤーリーダーはこの記事を参考にしてください。

ワインドの時にタチウオに仕掛けを切られた経験はありますか。 自分は切られた経験はあります。 ナイロンリーダーでもありますし、フロロカ...
自作のワイヤーリーダーで、中々釣果を伸ばせなかった日がありました。 その時に感じたのは、ワイヤーリーダーのシルエットとルアーのサイズに...

ただ巻きが基本だと、ワイヤーなしでも切られる可能性は低くなります。

ルアーの選択

主におすすめはこの4種類です。

1.ワインド

2.シャッドテール(スローワインド)

3.ミノープラグ

4.メタルジグ

(なお、メタルジグでの釣果はありませんので、正直わかりませんが、結構釣れている釣果報告を見ますね。)

春先は、ワインド、シャッドテール、ミノープラグで。

秋口は、ワインドで。

冬からは、シャッドテール、メタルジグで。

それぞれの特徴を具体的に以下に記載します。

ワインド

タチウオ狙いの定番です。

タチウオ2

ジグヘッドですが、蓄光タイプ(グロウ)よりメッキ塗装のほうが比較的強度が高いので長持ちします。また蓄光タイプと比較して、バイトによるラインブレイクを回避することが出来ます。

(光っているヘッドにバイトが集中すると、ラインが切れてしまうリスクが高まる為。)

ジグヘッドのサイズは、1/2オンスでいいです。(厳密には、使うラインとロッドとリールによります。)

カラーはルミノーバー等の蓄光タイプでアピールすれば、バイト率が上がります。

このカラーによるワインドセッティングはマヅメ時に効果を発揮します。使用するメーカーは何でもいいです。

エコギアでも、オンスタックルデザインでも、メジャークラフトでも。始めての時はよくわからないと思いますので、まずは使いやすいセッティングを見つける為にメーカーを統一して使用することをお勧めします。

シャッドテール

自分は、一択です。

エコギア 3Dジグヘッドエコギア  パワーシャッドです。

これがあればいいです。

タチウオ3

ただ巻き用です。

ジャークでもいいです。

ジグヘッドはグロウを選択していますが、アンペイドのタイプだとまだ安く調達できます。

アシストフックは、メインフックに1#程度のシングルフックをトレーラー仕様にします。

パワーシャッドは、4インチをベースにグロー系とケイムラ系カラーの2種類 あればいいと思います。

なお、強いて他のメーカーを上げるならば、先ほどのオンスタックルデザインのZZヘッドに、同じくオンスタックルデザインのワインドシャッドでもいいです。

ピンクグリッターだとサゴシも狙えますよ。

ミノープラグ

これもあまり経験がありませんが、ヘビーシンキングミノーで以前に釣果が得られました。

スレ タチウオ

ミノーだとただ巻きでいいので、フォールバイトやラインスラッグが出ないように注意すれば、ワイヤーリーダーなしでもラインブレイクのリスクは下がります。

正直青物狙いでしたが、タイトル通りの好調でした。初冬の鶴浜緑地。16時前にエントリーです。すでに人が多数。タチウオ本番夕マヅメでも、朝マヅメでも、夜でも、アジももちろん、タチウオも釣れる。何気にこのポイントはこの季節最強かもしれません。..

メタルジグ

自分はメタルジグで太刀魚を釣り上げたことが無いので、よくわかりません。

投稿等を見ていると、ボトムねちねちがいいそうです。カラーはもちろん蓄光タイプ!と思いきやデイタイムでのイワシカラーでも!!

タチウオは好調ですが、ハマチはどうでしょうか。鶴浜緑地(イケア裏)12/1タチウオミノーで爆です。鶴浜緑地(イケア裏)12/815時30分過ぎにエントリー。先週はプラグでタチウオが5本と好調でしたが、この日はどうでしょうか。潮回りはいいが。

まとめ

まねてもらうだけでも、ある程度結果は伴うと思います。

後は単純にポイントとタイミングですね。春先は難しいですが、サゴシも外道でかかりますので、結構楽しめると思います。

サゴシのすれ掛かり

これは、ダート時にチェイスしてきた個体がスレ掛かりしてます。ちなみに場所は和歌山の水軒の沖向きテトラ。

活性が高いときはフォール中にがつがつバイトがあるので、非常に楽しいですね。

タックル選びを間違わなければ、比較的結果はすぐに出るタイプの釣りなので、ぜひやってみてください。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー