カスタムレポート 16ヴァンキッシュC2000HGS オーバーホール

スポンサーリンク

ご依頼頂き、ありがとうございます。

16ヴァンキッシュと12エクスセンスCI4+をお預かりました。

まずは16ヴァンキッシュC2000HGSから。

ハンドル回転時にガタツキ、シュルシュル音があるとのこと。

ベアリング等交換が必要な物は交換と言うことでしたが、かなり状態が良い状態のものでした。ローラークラッチの玉抜き以外の軽巻きチューンをご希望です。

オーバーホール

先にラインローラー付近を着手しました。

本体ですが、10ステラのパーツで2BB化、DLCラインローラーに変更されています。

一部シム(合計3枚)を追加しています。

回転のバランスも問題なさそうです。

ボディ内部を開けます。

グリスは適量ですね。

パーツやギアの痛みもなさそうです。

シムがちょっと厚いなと思いましたが、クリアランスはほぼジャストのようです。

シムの調整を何度か行いましたが、実際0.02mmレベルで少し厚くしてみて巻き重りが合った為、結局元に戻しました。

ボディ内部で気になる点は、ピニオンギアのベアリング位でしょうか。

若干ボディフタ側のベアリングがカサカサと音があったので交換した方がよさそうですが、交換するまでもないかと。

取り急ぎ洗浄を進めます。

ピニオンギア上部、ハンドル左右のベアリングはオープン化、ボディ内部ベアリング、メインシャフト、摺動子ガイド、IOSのオイルPRO-01でチューニング。

ドライブギアとピニオンギアのみIOSギアグリスを使用。

中間ギアは、粘度が中位のもの(PTFE含有オイル)を使用しておきました。

ピニオンギアの内部の研磨を施します。

摺動子ガイド、メインシャフトは念のため磨きましたが、ほぼ研磨不要でした。

ローラークラッチの洗浄。

組み上げ。

オイルチューニングします。

一旦ボディは仕上がりました。

スプールはきれいでした。

脱脂後にシマノ純正のドラググリスを添付。

ハンドルもそれほど汚れもなく。

ピニオンギアのベアリングのみ交換しました。

ハンドルのガタツキとシュルシュル音ですが、ある程度改善したと思います。ガタつきは正直な所、これ以上改善しようとすると、巻き重りに繋がります。

実際、依頼時点でフルベアリング化されており、ウォームシャフトの下もベアリング済み。

各所グリスは極力使用せずにチューニングしている為、好感度よりノイズが生まれやすいものの、シュルシュル音はギア鳴りが原因だと思われます。

シュルシュル音は低減していると思いますが、ギアグリスが馴染んでいけば・・・。

追加作業

その後、エクスセンスの調整を行い、なぜかエクスセンスの方が巻き感が軽いので、再度ヴァンキッシュを確認してみました。

気になったのは、ドライブギアのシムです。

1枚抜くと0.05mm薄くなります。

2度組みなおしをして、結果的にボディのネジの締めるトルクをわずかに弱めることで異音が解消しました。

後、わずかにざらつきがあるので、オープン化したNMB製のベアリングに交換しました。

結果的にはこの2つのベアリングを交換。

全く使えない状態ではないものの、わずかにざらつきがあるので、交換することでなめらかなフィーリングに。

ギアが馴染んでくるとまだまだ軽くなると思います。

しかし、ハンドルのカタツキは早めに巻くと発生してしまいますね。申し訳ございません。この調整は非常に難しいところです。

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー

コメント

  1. 鈴木 勇 より:

    この度は迅速な対応して頂きありがとうございます。
    画像と分かりやすい説明にて、作業内容やリールの状態
    が把握ができ良かったです。
    他のリールもまたオーバーホールを宜しくお願いします。
    今回依頼させて頂いて良かったです、また次回もよろしくお願い致します。