当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

再調整依頼 18ステラ 1000SSSPG

スポンサーリンク

18ステラ 1000SSSPG調整依頼です。

昨年の5月頃依頼頂いた個体です。

ゴロゴロ感が大きくなったそうです。

オーバーホール

ボディ内部を開けます。

グリスは残っています。

摺動子ガイドが黒くなっていますね。

若干メインシャフトにグリスが乗っています。

洗浄します。

ピニオンギア上部のベアリングがざらざら。

異物が入ったような感じです。洗浄したところ治りましたが、若干違和感があるので高耐食ベアリングに交換します。

BOREDのOMEGAを添付。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

ボディ内部もBOREDのOMEGAですね。

ボディ内部のベアリングはすべてBOREDのLIGHT DUTYで仕上げています。

2015年10月のマイナーチェンジにより配合している添加剤を見直し、当社KRAKENやGOLYATよりも極圧性と減摩性を向上させ、 低粘度ながらも耐久性を併せ持つ性能となっています。

ザラツキが取れない個体ですね。

0.03mmのシムを減らしますが、やはりガタツキますので、元に戻しました。

作業完了しました。無事改善しました。

18ステラPG特有のノイズがありますね。このノイズはギア比によるものなんでしょうか。この番手に非常に多いと思います。

ありがとうございました。

コメント

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031