当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

19ヴァンキッシュ C2000S オーバーホール(前編)

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュ C2000Sのオーバーホールです。

2500Sの方がギアノイズが強いものの、こちらの個体もギア摩耗感があります。アジングでの使用とのことです。

オーバーホール

状態は同じですね。ラインローラーは不具合なしです。

上部分解します。

ハンドルノブベアリングを1点交換します。

ローターナットベアリングを交換します。

ブッシュを分解し、ベアリングのみ交換します。

ボディ内部です。

グリスの量が多いですね。

ベアリングはグリスが浮いています。

ばらして洗浄しました。

ウォームシャフト上部のベアリングを交換します。

写真にはありませんが、ピニオンギア下のベアリングも交換し、ローターナットベアリングに転用しています。

BOREDケミカルで仕上げます。

THETAとOMEGAですね。

主にざらつきはギアによるものですね。

ギア交換します。

新品のストックですが、

なぜか引っかかりがあります。新品なのに。。。

いったんもともとのギアでクリアランス調整です。

0.18mm分シムが入っていますが、0.15mm、0.16mm、0.17mmとテストしました。

0.01mm多い印象ですね。その影響でギアが摩耗していたのかもしれません。

ギア交換すればより巻き感が良化しますが、手持ちのギアが使えないので、ギアの手配が必要となりました。

コメント

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031