オーバーホール依頼 17ツインパワーXD C5000XG

スポンサーリンク

17ツインパワーXDC5000XGのオーバーホール依頼です。

巻き感ですが、若干ゴロゴロとします。

オーバーホール

結構汚れが目立ちます。

ローターですが、ベールが下がっています。

アームカムを外すとかなり下がります。

曲げて調整します。

戻りました。

ラインローラーはうまく撥水グリスがカバーしており、そのまま使えそうです。

汚れをふき取ります。

なお、スプールの汚れは以下です。

カーボンクロスワッシャーのカーボン汚れです。

スプール、ハンドル、ローターの洗浄を終えました。

ハンドルノブのベアリングは1点ダメになっています。

0.20mmのシムだとわずかにきつく、0.15mmだと若干緩い状態です。

ベアリング自体は交換した方がいいです。

シムは0.15mm+0.03mmのシムに交換すればちょうどですが、現状でも問題ないレベルです。

ローラークラッチを洗浄します。

不具合はなさそうですね。

ボディ内部を開けます。

不具合はどこなのかわかりづらいですが。

ギア軸がベアリングにはまって取れない状態です。

とりました。

そしてベアリングは密着して外れないという事態に。

それぞれの調整が効かずにギアノイズが出ています。

洗浄を終えました。

右ハンドルだとこのキャップみたいなものが、ハンドルの締め込みで若干膨張して外れてしまうケースがあります。

ギア交換でいったん手配しています。

なお、ベアリングは3点交換した方がよさそうです。

ただ、いったん元のベアリングを戻して組んでおきます。

BOREDのDELTAを添付します。

全天候高粘度セミシンセティックグリスとして、ALPHAよりもワンランク、THETAよりもツーランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は2号となり、汎用では高粘度なグリスとなります。

オシレート関連はBOREDのOMEGAを添付しましたが、少々重くなりました。

その為THETAで再度調整しています。

ALPHAよりもワンランク、DELTAよりもツーランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号となり、汎用では低粘度なグリスとなります。

ギアが届き次第テストいたします。

ギア交換(12/21)

ギアが届きました。

シンプルに3点交換します。

グリスはBOREDで仕上げます。

調整なしで済みました。

無事作業完了です。

ギアゴロ感が無くなり、巻き心地が良くなりました。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
カテゴリー