オーバーホール依頼 18ステラ 1000SSSDH ハイパーチューン

スポンサーリンク

18ステラ1000SSSDHのオーバーホール依頼です。恐らくギアのザラツキがあります。ハイパフォーマンスチューンを致します。

オーバーホール

ローターナットベアリングが逆に付いていますね。

ばらします。

ハンドル、ローター、スプールは問題なしでした。

ボディ内部です。

注油のせいか、グリスが流れてしまっています。

ギアにも。ドライブギア軸から注油したオイルだと思います。

ウォームシャフトもグリスが流れています。

メインシャフトから注油したオイルだと思います。

洗浄します。

ベアリングもノイズが出ているので、5点交換しました。

ウォームシャフト下は交換せず、ウォームシャフト上のベアリングがダメになっているケースはあまりないですね。

シム調整します。

ウォームシャフト下を0.28mmに。

中間ギアは0.08mm。

ピニオンギア下が0.43mmでした。

一度組みます。

BOREDでグリスアップします。

ベアリングノイズが取れたんですが、やはりギアノイズがありますね。

手元にあるテストで19ヴァンキッシュのギアを入れてみます。

ステラはバリアギアと言って、表面処理をしているドライブギアになっています。ヴァンキッシュは処理されていないギアで、外観目視で確認する限り設計は全く同じものだと思われます。

毎日使うような使用方法だと摩耗度合いに差が出るのかもしれませんが、個人的には耐久性は使用感にそれほど差がないような気がします。

ギアノイズが取れましたが、わずかにザラツキが残りますね。

ピニオンギアのシムを0.05mm分を上に変えます。

ドライブギアのシムも減らしてみて何度かテストしましたが、結局元の状態です。

ピニオンギア下のシムが多かったようで、0.39mmへ減らして。

最終、0.40mmで調整完了しました。

いったん作業終了です。

ほんのわずかにザラツキが残りますが、ほぼわからない位滑らかな巻き心地になりました。

再調整(5/30)

18ステラのギアの交換希望の為再調整します。

ギアを入れ替えてみました。

ピニオンギア下のシムは0.03mm分多くなりました。

ザラツキが出てしまいますね。

0.02mmで組みますが、ガタが出ます。

ドライブギアのシムを0.01mm分減らしてみますが、ガタが出ますね。

原因はわかりませんが、ザラツキがあります。

19ヴァンキッシュのギアで再度調整しました。

前回は気づきませんでしたがザラツキが残りますね。前回の作業完了時、グリスアップ直後は滑らかですが、巻いていくと少しザラツキを感じます。

18ステラのギアだとかなりギアノイズが目立つので、バリアギアで表面処理加工している分が影響しているのかもしれません。

巻きを軽くするためにピニオン上部ののみオイルチューンとしております。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー