オーバーホール依頼 22ステラ C3000MHG ハイパーチューン

スポンサーリンク

22ステラC3000MHGのオーバーホール依頼です。

巻きが重いです。

オーバーホール

ドラググリスがしっかりと添付されています。

IOSのSシステムが入っていますが、山が削れているようで、音が少し小さいです。

ハンドルノブのシムですが、外径が少々大きく入らない。

このベアリングがざらざらです。

シムは0.13mm分入れました。

ベアリングを交換。

ローターは特に不具合がないのでそのままとします。

開けます。

オイルが内部に浸透してます。

結構高粘度オイルですね。

ローラークラッチの玉に溝がありますね。洗浄は不要ですね。

ばらしました。

ベアリング大丈夫だと思っていましたが、結局洗浄してみるとザラツキが強いので、防錆、高耐食ベアリングをそれぞれ入れます。

グリスは極力減らしているようですね。

ドライブギアのOリングは外します。

判断が難しい所ですが、Oリングが機能する個体と全く機能しない個体がありますね・・・。

ウォームシャフト下のシム調整。

0.38mmです。

ピニオンギアのシム調整。

0.45mmでいったん組みます。

ウォームシャフトはBOREDのOMEGAで。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

中間ギアはDG06で。

ドライブギアはアブのリールグリスで。

長期間の潤滑と防錆に。ギアなどに塗ると長期間潤滑をする事が可能。

すべてバラバラですが、適材適所ということで。

シム調整ですが、ピニオンギア上部に0.1mm分追加。下部を0.35mmに減らします。

ローターナットのトルク調整の為です。

0.47mmでテスト。

キツイですかね。

あまり気にならなかったんですが、違和感はここでした。

ドライブギアのシムですが、0.15mm、0.05mm、0.03mmの3枚入っていましたが、明らかにクリアランスが無さすぎなんですよね。

ピニオンギアが焼けたように黒いくすんでいたので、圧が強く、ベアリングにも不具合が出ていたようです。

とりあえず、0.19mmでテスト。

純正は0.18mmで入っていたと思われます。

まだ、ザラツキが出るので、ピニオンギアを最終調整。

ベアリングのかさ上げ等しましたが、結局上部0.1mm、下部0.36mmで。

なお、ドライブギアは0.18mmで最終調整しました。

チャカつくんですけど、Oリングが入っていても同じように若干チャカ付きますし、ハンドルの巻き癖があると暴れるんですよね。

Oリング固定されているんですが、完全に固定することができないので、僅かに左右に動く時にゴリ感と言うか、ゴロ感のような違和感が出るんです。

出来る限りクリアランスをなくし、必要なクリアランスを作ってあげれば、サイレントドライブの役目は不要になりますから。

どうしても固体差がありますが、丁寧に時間をかければある程度仕上がってきますね。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
カテゴリー