カスタムレポート 13ソアレBB C2000PGSS オーバーホール&CFギア化(後編)

スポンサーリンク

13ソアレCI4+C2000PGSSのギアとメインシャフトが届きました!!

3点を交換。

前回までの作業はこちら。

13ソアレBB C2000PGSSをお預かりしました。 ご依頼内容はハンドルをまわした時にコツコツとした振動があるそうです。 ...

比較的簡単な軽量化カスタムですが効果は絶大ですね。ギアが上位機種と同じになり、構造もほとんど一緒になる訳ですから、当たり前ではあります。

中間ギアは既存のもので行けます。

CGギア化(内部13ソアレBB→13ソアレCI4+化)

中身(ギアとメインシャフト)を13ソアレCI4+化します。

13ソアレBBだと24.8gあり、

3点合計で13gになりますので、

11.8g軽量化しますね。

順番にパーツごとに交換していきます。

メインシャフト

メインシャフトをジュラルミン化。

ステンレス製は7gですが

2.5gに。

注意点はここですね。

スプール受けの位置が少し上がります。

0.75mm程高くなるので、

スプール調整座金を減らします。

0.5mmが3枚入っていましたので、2枚抜いて1枚0.25mmを追加。

0.76mmでちょうど合いました。メインシャフトの交換は、上位機種のリジッドサポートドラグタイプのスプールを付ける拡張性もあります。

ドラグパーツが別途いりますが、13ソアレCI4+のスプールを乗せることができます。

ドライブギア

左から右へ変えます。

亜鉛ギアと呼ばれるタイプ。

11.4gですが、CFギア(コールドフォーシングギア=冷間鍛造ギア)は4.6gと半分以下に。

ギア幅は同じでシム調整なしで行けました。

ピニオンギア

ほぼ同じかもしれませんが。

6.4gから

6.0gに。

形状の違いがみられない為、若干素材が違うのかもしれません。

組み上げ

メインシャフトはそのまま交換可能。

ギアもポン付で行けます。調整箇所はほとんどなしです。

メインシャフトの調整は冒頭の通り、受けの位置が少し上がりますので、シムを減らす必要があります。

元々の自重を図ってなかったのですが、公式190gに対しライン付で184.5gに。

ベアリング、ギア、メインシャフトを交換したことで、なめらかな巻き感になりました。上位機種とそん色ないスペックですし、体感としてもかなりいいと思います。

ありがとうございました!

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー