当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 19ヴァンキッシュ 1000SSSPG 軽巻きチューン

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュ1000SSSPGのオーバーホール依頼です。

できるだけフィーリングを良くしたいということでオイルチューンのご依頼いただきました。いわゆる軽巻きチューンですね。

触った印象としては少しざらつきがございます。

ギアによるものか、ベアリングによるものかそれとも両方かもしれません。

オーバーホール

洗浄していきます。

ラインローラーは持ち込みでの交換となります。

ローター、ハンドル、スプールを洗浄しました。

MCTWの零です。

ライトゲーム専用ラインローラー零 1000~2500番サイズのスピニングリール専用設計です。

2BB化ですね。

組みます。

ローター振れがあるかどうかは組んだ時にテストします。

続いてスプールですが、ドラググリスはDG01、

ベアリングは完全脱脂後にNEMEAを添付します。

BORED METHOD DIVISIONオイル製品中で中粘度長寿命低摩擦オイルをコンセプトとするNEMEAオイル。 既存製品のCHIMERAオイルで想定したコンセプトを継承し、更に海水にも完全対応した防錆性と高負荷にも耐える摩耗性を強化しながらもヌル付きやベト付きを極力排除したサッパリとしたフィーリングにより、機構や摺動を伴う動きを損なわず油膜の「耐久性」を重視したオイルとなります。

ハンドルノブも完全脱脂によるオイルチューンです。

BALBOAを添付。

BALBOAはBSLRオイルとHYDRAオイルを除く他のBORED METHODオイルと混合カスタム使用する事が可能です。 フィッシングリール、スケートボード、サイクルパーツなど、ミニチュアベアリング部及びメタルパーツ全般での使用をお勧めします。

非常にライトなフィーリングになります。

シム調整します。

0.10mmと0.15mmのシムとインナーが入っていましたが、インナーおよび、0.10mmのシムを抜いて。

0.03mmのシムを追加します。

続いてローターナットベアリングですが、廃盤のKRAKENを使用します。

上部作業完了です。

ボディの分解です。

ギアが若干摩耗しているような感じもしますが。

ケミカルバランスは問題なさそうです。

洗浄します。

ボディ内部はほとんど汚れがないですね。

BOREDのグリス、OMEGAとALPHAで仕上げます。

ボディ内部のベアリングはLIGHT DUTYで仕上げます。

2015年10月のマイナーチェンジにより配合している添加剤を見直し、当社KRAKENやGOLYATよりも極圧性と減摩性を向上させ、 低粘度ながらも耐久性を併せ持つ性能となっています。

ピニオンギア上下はBALBOAで少し粘度を下げてやります。

組んでみたところ、ローター振れが出ていましたので、固定ボルトをステンレス製に変更します。

振れは解消しました。

PG特有のざらつきがありますが、ギア交換することで多少良くなるかもしれません。ベアリングもピニオンギア下が少しノイズが出ていますが、体感でそこまで変わらないくらいの状態ですね。

いったん作業終了します。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930