当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 23エアリティ LT2000S-P 軽巻きチューン&マグレスカスタム

スポンサーリンク

23エアリティLT2000S-Pの軽巻きチューン依頼です。

先に作業したヴァンキッシュ2台とまとめて3台のご依頼です。

マグオイル漏れ

少しシャリシャリとした違和感がありました。分解してみたところ。

マグオイルが漏れていますね。

ローターナットも少し緩んでいました。

ハンドル、スプール、ローターを洗浄しました。

ラインローラーマグレス化

エアドライブデザインのローターを分解します。

このローターの分解作業やラインローラーのマグレス化の動画などがあまり出てこないようなので、作業内容を公開します。

ラインローラーベアリングもマグオイルまみれです。

マグカラーの向きに注意。

左側の上向きが外側です。

右側は内側ですね。軸の太いほうが内側ですよ。

なお、マグカラーの厚みは0.9mmです。

マグカラー1つに対し、3*5*0.3mmのシムを1枚、3.2*4.2*0.5mmのシムを1枚と交換します。そのため、シムは2セット必要ですね。

交換パーツを並べました。この通りに組んでいきます。ちょっとシャリ感が出ていましたが、まだ使えそうです。

BALBOAで仕上げます。

BALBOAはBSLRオイルとHYDRAオイルを除く他のBORED METHODオイルと混合カスタム使用する事が可能です。 フィッシングリール、スケートボード、サイクルパーツなど、ミニチュアベアリング部及びメタルパーツ全般での使用をお勧めします。

磁気による抵抗感が解消します。

ローターの組み方

形状が大きく変化があったローターですが、構造自体も変化が大きいですね。ベールの固定はEリングを使用しますが、これが結構面倒くさい。

また、ベールを返したときにクリック音が追加されています。

ベールキックを押し出すプラパーツですが、ここにバネとピンが組まれています。

まずはアームカム(ダイワさんではアームレバーです。)にプラパーツをかませます。

レバーシャフトを入れる穴が開いていますので、ここをふさがないように取り付けます。

レバーシャフトをはめてから取り付けます。

裏側はEリング取り付け済みです。

先ほどのバネとピンを取り付けます。

わかりにくいので拡大。

見えないですね。ポチが小さいほうが外側ですよ。

あとはカバーをかぶせて、ねじを止めます。内側にねじを入れて、対面からトルクス6番で締めます。それから順番に組んでください。

※簡単に書きましたが結構ムズイ部類です。

これでラインローラーはスムーズに回転します。

小満屋ドラグに交換、ハンドル調整

持ち込みで小満屋ドラグに交換です。

洗浄して。

単に載せるだけ。

オイルを3~5滴たらします。BALBOAを使用。

ハンドルノブのシムが多かったので、ウェーブワッシャーを抜いて。

0.03mmのシムを入れました。オイルは同じくBALBOAです。

少しハンドルノブのベアリングのシュル感がありますが、その他は問題ないと思います。

ボディ内部です。

まあまあ使用感が出ています。

グリスが少し抜けている感じも受けますね。

オシレーティングギアとメインシャフトの接点が黒く変色しています。

洗浄します。

洗浄液の汚れ。

マグオイルの色がついているので実際はそこまで汚れてはいないです。

ベアリングを洗浄しました。

若干雑味がある個体もありますが、LIGHT DUTYを添付してこのまま使用します。

2015年10月のマイナーチェンジにより配合している添加剤を見直し、当社KRAKENやGOLYATよりも極圧性と減摩性を向上させ、 低粘度ながらも耐久性を併せ持つ性能となっています。

ドライブギアにはALPHAとウォームシャフトTHETAを添付します。

オシレーティングギア周りはTHETAを添付して、

ALPHAよりもワンランク、DELTAよりもツーランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号となり、汎用では低粘度なグリスとなります。

NEMEAで粘度調整をしてスムーズに仕上げます。

BORED METHOD DIVISIONオイル製品中で中粘度長寿命低摩擦オイルをコンセプトとするNEMEAオイル。 既存製品のCHIMERAオイルで想定したコンセプトを継承し、更に海水にも完全対応した防錆性と高負荷にも耐える摩耗性を強化しながらもヌル付きやベト付きを極力排除したサッパリとしたフィーリングにより、機構や摺動を伴う動きを損なわず油膜の「耐久性」を重視したオイルとなります。

マグシールドプレートは加工せずにオイルのみ抜きます。

このプレートを除去するとパッキンが固定できないので、完全にマグネットを抜くにはマグシールドプレートの改造が必要ですね。

作業完了しました。

ワンウェイクラッチはCHIMERAで仕上げております。

CHIMERAはミルスペック(アメリカ軍が必要とする様々な物資の調達に使われる規格)を上回る長寿命低揮発の油膜を維持、ヌル付きやベト付きなどの粘弾性を極力排除しサッパリとした質感のオイルとなっています。

回転時に少しざらつきが残りますが、若干ギアのシャリ感があるのかもしれません。依頼時の状態と比較すると巻きノイズは低減して、軽く滑らかに仕上がっていますね。

ありがとうございました。

この軽さ、革新的。この強さ、確信的。かつてない軽さと強さの両立を果たした、超軽量スピニングリール「AIRITY」。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930