当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 22ステラ C3000SDHHG ハイパーチューン&IOSケミカルチューン

スポンサーリンク

22ステラ C3000SDHHGのハイパフォーマンスチューン依頼です。

新品購入後12回使用しシマノさんへOH依頼でギア、ベアリング4点交換。そこから8回ほど使用したそうですがシャラシャラとした異音があります。

途中間違えてケミカル指定なしで仕上げてしまいましたが、最終的にはIOSケミカル仕上げております。

オーバーホール

リブレのハンドルノブで仕上げていきます。

ラインローラーはフッ素グリスがしっかり残っています。

洗浄します。

スプール、ハンドル、ローターの汚れです。

ハンドルノブは2点高耐食ベアリングに交換します。

残り2点は異音がありますが、ざらつきはないのでそのまま使用します。

通常のステンベアリングよりも格段に耐食性に優れたベアリングです。 特に海水での使用にオススメ!

シム調整します。

それぞれ0.05mm分抜いて、0.01mmと0.03mmシム追加です。

ラインローラーはフッ素グリスを添付します。

ドラググリスはデカくまを使用します。

純正のドラググリスよりしっかりとしたドラグの効きです。

戦略的なドラググリス「しろくま」を、さらに粘りを保たせてバワフルに。

スプールを組みます。

スプール、ローター受けはIOS-02を添付。

IOS-02PRO は中高粘度(オイルの中ではかなり粘度の高い方です)。IOSオイル最高レベルの極圧性と防水力を誇り、豪雨の中の釣りや炎天下のトーナメント競技や雷魚釣りなど、特に耐久性を求められるヘビーユースの釣りに最適です。

ここまでベアリング2点交換のみです。

続いてボディ内部。

グリスが多いです。

ウォームシャフトギアにもかなり多く付着しています。

シャラシャラ感が抜けずに多めにグリスアップしているように感じますね。

洗浄します。

ボディのみの汚れです。

ピニオンギアに焼け?があります。

シマノさんへOH出したときにギアも確認しましたが、同じような状態でした。こんな短期間でギアに違和感が出るのは珍しいです。ボディの精度が甘いと思われます。

Oリング付きベアリングを2点交換します。

ピニオンギア下はHRCBですね。

特殊な製法により金属そのものが非常に錆びにくい新しい技術を採用。プレミアム(SHG)に比べ10倍以上の防錆性能を誇るソルト対応ベアリングです。

ドライブギアボディ側は高耐食ベアリングに交換です。

通常のステンベアリングよりも格段に耐食性に優れたベアリングです。 特に海水での使用にオススメ!

それではシム調整していきます。

ウォームシャフト下はウェーブワッシャーを抜いて0.38mmで。

中間ギア大もシム調整します。バネのテンションをとるためにギア下にシムをいれます。

0.08mm分入れます。これでバネを取ってもがたつきがなくなります。

ピニオンギア下は0.42mmですね。

メインシャフトなしで組んでクリアランステスト。

問題なしです。

グリスアップします。

(誤ってIOSグリスではないもので仕上げてしまいました。)ボディ内部の違和感はかなり解消されましたが、少しローターナットからシャラシャラが出ているので、ベアリングを交換します。

ボディ内部のベアリングを流用してみました。

再調整するため、再度開けます。

中間ギアのボディとの接地面を減らします。少しアタリ部を削りました。

グリスアップします。

IOSギアグリスを添付。

粘度高めです!優れた潤滑性、クラス最高水準の対荷重性、ソルトでも安心して使える優れた防水性能、100%化学合成ならではの極寒から真夏の炎天下、そして風雨にさらされ続けるリールの心臓部とも言えるメインギアを守る、ハイスペック・ギアグリスです。

中間ギア周りはスミスのリールグリスを使用します。

ウォームシャフトはできる限りチャカ付き感と消音性を加味してBOREDのOMEGAを使用しています。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

ドライブギアのクリアランスが大きく感じたので、シムを0.01mm分追加してみましたが、

シムを入れた印象として、若干の巻き重りとギアの噛み合うフィールが出るので元に戻しました。なお、最終的にはローターナットベアリングを高耐食ベアリングに交換しました。

メインシャフト、ローターナット、ローラークラッチはIOS-01で仕上げております。

作業完了しました。

ボディの形成バランスが悪い個体がありますが、ある程度シャラシャラ対策ができるようになってきました。ただ。元々の状態にかなり左右されるため、個体によっては調整できない場合もございます。

今回は作業内容にて、異音はかなり低減したと思います。

ケミカルによるフィーリングの違いはあまりないですが、長期的にIOSケミカル(特にギアグリス)のほうが長持ちすると思われます。

ありがとうございました。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930