当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 15ソルティガ 5000

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

15ソルティガ5000のオーバーホール依頼です。

グリスが流れたようで、巻きが激重です。

オーバーホール

巻き重りの原因はボディを分解してからですね。まずはスプールハンドル周りを作業します。

ドラグワッシャにオイル?が回っているので、洗浄します。

ラインローラーはマグシールドレス化されていますね。

洗浄します。

ラインローラーはLIGHT DUTYを中心にオイル仕上げです。

ドラグワッシャはDG12を添付します。

ハンドルノブはグリッチオイルのロサを添付。

ここまでは問題なしですね。

ボディ内部です。

おそらくマグシールド内部、ワンウェイクラッチの組み合わせが悪かったものを思われます。

ボディ内部のグリスは少ない状態なので、巻き重りの原因ではなさそうです。

洗浄しました。

マグオイルの色ですね。

ピニオンギア下のベアリングのみ交換です。

組んでみた際にわかったんですが、上部もざらつきが出ています。

ただ、かなり特殊なベアリングサイズで現在手元にストックがないのと、この状態で交換するのであれば、その他のベアリングも交換したほうがいいと思いますね。

上部のベアリングはTHICK HEAVYとNEMEAを添付しました。

一般的なグリスの様に固形ペースト状ではなく、あくまでもオイルをベースとしながらも業界最高レベルの超高粘度に設定した効果により、オイルの浸透性とグリスの付着性を併せ持った性状が特徴となっています。

状態を考えるともう少し使えると思います。

続けてボディ内部のグリスアップです。

ドライブギアにはSIGMAを添付します。

DELTAをベースにハーフランク粘度を上げた最も高粘度なグリス。METHODウレア系グリス中で最も高い粘着性と減摩性。他のMETHODウレア系グリスとの混合で粘着性を付加

ボディ内部ですが、修道部はOMEGA、

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

オシレーティングギアはALPHAでグリスアップします。

マグオイルを充填します。

組み方の問題ですかね。

ボディ内部の状態や、マグオイルも比較的しっかりと残っていたので、直近でボディを開けたような感じも受けました。

作業完了しました。

巻き重りは解消して、通常使用できるレベルになりました。

ただ、若干シャリ感があります。

シムを抜くと巻き感がよりライトになり、シャリ感も低減すると思いますが、どうしても遊びができてしまい、フィーリングが変わります。

どこまで調整するかですが、現状の不良ベアリング交換のみとしました。

ありがとうございました。

コメント

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031