当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

チューニング依頼 20ツインパワー 3000MHG ハイパーチューン

スポンサーリンク

20ツインパワー3000MHGのハイパーチューン依頼です。

チューニング

ばらします。

ベアリングへオイルを注油している影響で、グリスが浮いています。

ボディも若干緩くなっている感じです。

洗浄します。

ボディ側のベアリングのみ交換。

ウォームシャフト上下もベアリングに交換します。

中間ギアのシム調整。

ウォームシャフト下のシム調整。

0.53mm

0.52mm

0.47mm

最終的には、0.46mmで落ち着きました。

ピニオンギア下のシム調整。

0.45mm

0.48mmで決まりました。

一度組みます。

BOREDのOMEGA、ALPHAで仕上げます。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

全天候中粘度セミシンセティックグリス。全天候中粘度セミシンセティックグリスとして、DELTAよりもワンランク粘度をダウン、THETAよりもワンランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は1号となり、汎用では中粘度のグリスとなります。

ドライブギアのシムがだいぶきついですね。

0.02mm分抜いてみます。

バッチリ合いました。

若干スレ感がありますが、巻きは良くなりました。出来る限りザラツキを抑えるよう緩めにセッティングしています。

ありがとうございました。

コメント

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031