当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 19ヴァンキッシュ C2000SHG ハイパーチューン(前編)

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュ、2台ハイパーチューンの依頼をいただきました。

まずは、19ヴァンキッシュC2000SHGのオーバーホール&ハイパフォーマンスチューンです。

オーバーホール

シュルシュル感が強いですね。

バラシて洗浄します。

ハンドルノブ、ラインローラーのベアリングを洗浄します。

ベアリング4点交換です。

ハンドルノブ軸が少し固着していました。

研磨しました。

0.05mmのシムを追加します。

元々ラインローラーはオイルチューンでしたが、ノイズが気になるということでベアリングを交換しています。

グリスのままなので、回転はスムーズではないですが、ノイズレスでヨレの解消は問題ないと思います。

続いてボディ内部です。

ばらしました。

汚れは無いんですよね。

ボディベアリングは3点交換、1点BB化します。

ウォームシャフト下のシムがきつすぎるようで、ここが異音の原因だと思われます。

ベアリングに交換して、0.3mmのシムに交換します。

ピニオンギア下を平シムを交換します。

0.50mmでテスト。

BOREDのTHETAでグリスアップします。

中間ギア、ウォームシャフトもTHETAで仕上げます。

ALPHAよりもワンランク、DELTAよりもツーランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号となり、汎用では低粘度なグリスとなります。

ピニオンギア下をかさ上げします。

0.53mmに。

組みます。

ガタツキシュルシュル感は解消しました。

止めた時、押し付けた時にノイズがあるので、ドライブギア、ピニオンギアの交換が必要ですね。

パーツ手配いたしました。

コメント

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031