当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

21カルカッタコンクエスト 200HG 200XGのギアの移植とギア加工によるドラグサウンドチューン

スポンサーリンク

21カルカッタコンクエスト200HGの改造依頼です。

ギア比変更のため、200XGのドライブギア、ピニオンギア、クラッチヨークを手配。

使用回数4回ほどだそうで、OHなしでギア比変更致します。

ギア加工

200HGはドラグパーツが組まれているので、そのまま流用します。

ただ、ドラグパーツを組み込むために穴が開いていないので、穴をあけます。

グリスアップです。

BOREDDELTAで仕上げました。

全天候高粘度セミシンセティックグリスとして、ALPHAよりもワンランク、THETAよりもツーランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は2号となり、汎用では高粘度なグリスとなります。

ドラグパーツを組みます。

XGの方がギア径が大きくなります。そのため装着感が少し異なりますが、フィーリングはそこまで変わりません。

組み上げて作業完了です。

ウォームシャフトはBOREDのNEMEAとCHIMERA、THETAを添付して仕上げました。

ありがとうございました。

コメント

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930