カスタムレポート 19ストラディック4000XG カタカタ鳴る原因

スポンサーリンク

今回は以前ご依頼いただいた方から、リーリングの際に異音がするということで、改めてご依頼をいただきました。

原因はこちらでした。

ローター内部のパーツで、バランサーと呼ばれるものです。

このバランサー、ネジ1本で止まっていますが、このネジが緩んでローターの回転の際に干渉していました。低速だと干渉し、巻き速度を上げると遠心力でカタカタ鳴らないという。

元々は、ボディ内部の摺動子内部のクロスギアピンとクロスギアが干渉して音が出ているのかもと思っていましたが、さすがサイレントドライブ!

18ステラからコツコツ病は起きないようになったのかもしれません。

修正方法は以下の通りです。

アームカムの下のカバーのトルクスネジを外します。

バランサーがむき出しに。

ネジを取り、緩み止めを添付。

以上です。

あと、調整内容としては、ローターのネジのクリアランス調整の為のシムを抜きました。

特に干渉する程でもなく、シムがあることで隙間があったので、取った方が隙間が無くなり、動きも自然に。

今回の症状はまれかもしれません。

ただ、緩み止めの添付が確認されなかったので、緩んでしまう個体はあるかもしれませんね。

スポンサーリンク
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー

コメント

  1. K.I より:

    今回も早々に修理していただきありがとうございました。些細な不具合も素人にはなかなか原因が分からないので、こうして写真付きで説明してもらえると次回から気をつけるポイントが理解でき、愛着も湧いてとても助かります。次回以降もよろしくお願いします!

    • ともにぃ より:

      ご依頼人様
      なかなか気づきにくい箇所だったので、無事直り良かったです。何か不具合があればお問い合わせください。宜しくお願いします。