修理依頼 19ストラディック 4000XG ローラークラッチの組み上げとウォームシャフトベアリングのチェック

スポンサーリンク

19ストラディック4000XGの修理依頼です。

ご自身でカスタマイズされた際にローラークラッチがバラバラになったそうです。

ローラークラッチの組み上げ

組み上げます。

コツは、ピンセットと針をもってやるとやりやすいですよ。

ピンセットは磁性を帯びない方がいいと思いますが、私は100均のものを使っています。

高いピンセットもいいですが、全然100均でも大丈夫なんですよね。

組み違い

いくつか組み違いが御座いました。

ウォームシャフトピンの抑え板

ウォームシャフトピンの抑え板が裏表逆ですね。

これは最下部でボディに干渉してしまいます。

裏返して治します。

ウォームシャフトベアリング

ウォームシャフトベアリングのシムも入れる場所がちょっと違いました。

このシムは内シムですね。

またネジ山が少し切れてしまっています。締め込みすぎるとバカになりますね。

外シムを入れて、クリアランス調整します。

ピニオンギア下部のシム

なお、ピニオンギア下部のシムが無かったので、追加します。

ボディガードのネジ山が崩れています。

締め込めないものの、まだなんとか緩まらないレベルで締められそうです。

グリスアップ&組み上げ

各部グリスアップして、調整していきます。

ここはローターのかさ上げの為に0.05mmのシムを入れます。

ローラークラッチを組みます。

無事治りました。

ハンドルノブの蓋が外れないです。

この社外製のハンドルノブ蓋ですが、締め込みすぎるとはずすのは難しいですね。水等の侵入リスクは低いので、強く締め込みすぎない方がいいポイントです。

一通り作業完了しました。

ありがとうございました!

スポンサーリンク
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
カテゴリー