当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

07ステラ 2500 オーバーホール

スポンサーリンク

07ステラ2500のメンテナンス依頼です。

前回ご依頼いただいてから2年ほど使用されたそうです。

ハンドルがほとんど回らなくなっております。

オーバーホール

さびてますね。

スプールにグリスがたまっています。

こちらにも、錆も確認できます。

ラインローラーにもさびが。

前面にさびが発生しています。

リール上部です。

この時点で結構な汚れです。

ローターナットベアリング。ハンドルノブ、ラインローラーベアリングを交換します。

いずれも高耐食ベアリングですね。

通常のステンベアリングよりも格段に耐食性に優れたベアリングです。 特に海水での使用にオススメ!

ドラグワッシャーも交換します。

かなりへなへなになっております。

純正のグリスで仕上げます。

ハンドルノブもねちゃつくので、純正のパドル型に交換です。

ベアリングはほとんど交換しています。

グリッチオイルのロサを中心に、EVO-500で仕上げました。

粘度UP 防錆特化型 ●グリッチオイル独自の特殊潤滑添加剤を配合することにより中粘度でありながら納得のいく潤滑性能と耐摩耗性能を発揮。

ボディ内部へアクセスしますが。

潮が蓄積しています。

ドライブギア周りにグリスが。

ベアリングも。

ボディ側のベアリングにも。

ハンドルを開けてスプレーグリスを拭いたんですね。

ウォームシャフトがサビサビです。

ドライブギア左右のベアリングはざらつきはあまり出ていないので、メインシャフトを伝ってさびが発生したものと思います。

洗い方の問題かもしれませんが、いずれにしてもメインシャフトから潮、もしくは水分が侵入した結果だと思います。

洗浄します。

ウォームシャフト下、ピニオンギア上を高耐食ベアリングに交換し、ウォームシャフトピンも交換します。

ボディ内部のみの洗浄液の汚れです。

さびでオレンジ色っぽくなっていますね。

ウォームシャフト下がさびているので、研磨しています。(写真撮り忘れてしまいました。)

ギア周り、摺動部はアブガルシアのリールグリスを使用しています。

巻き重り感が出にくい使用感です。

ローラークラッチはパッシブです。

潤滑と防錆の両立 ●グリッチオイル独自のベースオイルに特殊潤滑剤、防錆性をさらに強化し、潤滑性共にトップレベルで尚且つ激しい摩耗を最大限回避させ同時に防錆被膜を生成し潤滑と防錆の両立した万能オイル。

グリッチオイルを中心に、グリスはさらっとした使用感のものを使用しています。

長期間の潤滑と防錆に。ギアなどに塗ると長期間潤滑をする事が可能。

グリッチオイルの特徴としては、全体的にヌメっとしたフィーリングに仕上がります。仕上がりからヌメっとするのが良いという訳ではないですが、比較的粘性が低いオイルでも比較的ヌメっとしますね。

ありがとうございました。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930