当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

17コンプレックスCI4+ C2500S F4 オーバーホール&ギア交換

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

17コンプレックスCI4+のC2500Sのオーバーホールです。

前回よりこちらの個体の方が軽い印象です。

オートリターンが固い

フリクションリングがきついです。年式によってはグリスで膨張しているケースがあり、フリクションリングがぶかぶかのケースもありますが、こちらは逆にきついです。

収縮している可能性がありますが、グリスが抜けているので固いとも取れますね。あとでグリスアップします。

ボディ内部の状態

見た印象は状態も良いと思いましたが。

すべて洗浄しました。

先にすべて洗浄しました。ローター、スプール、ハンドルと分けて作業することが多いのですが、今回は一気に作業します。

汚れ具合は1台目よりは強くないですね。

ベアリングもそこまで消耗していない印象でした。

ピニオン下のみ交換です。

グリスアップと仕上げ

BOREDのALPHAを添付します。

ローラークラッチはCHIMETRA。

ラインローラーは状態がよさそうなので、純正グリスのDG06で仕上げました。

ドラグワッシャーも純正のDG01を使用。

ハンドルノブはシム調整。0.15mmのシムを追加し、LIGHT DUTYを添付。

一通り組んでみました。

ギア摩耗?

摩耗痕を確認。

5か所ありますので、ピニオンギアとの接点でいずれかの場所で摩耗しているんだと思います。

このノイズが取れないので、ギア交換します。

グリスバランスが難しいですね。これはつけすぎですが、

微調整して、シムも減らします。

0.40mm→0.38mmと0.02mm分減らしました。

作業完了しました。

中間ギア周りは、2500Sよりライトに仕上げています。少しコロコロとしたフィーリングが残りますが、シム減らしてもほとんどがたつきが出ないので、少しクリアランスがきつかったのかもしれません。

その影響で摩耗が促進されているのかもしれません。

ありがとうございました。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829