カスタムレポート 18ステラ C2000S ハイパーチューン

スポンサーリンク

18ステラC2000Sのハイパーチューン依頼です。

ご自身で調整されていたそうですが、購入当初からのノイズが気になるということです。

オーバーホール

順番にばらしていきます。

スプールハンドルともに洗浄してグリスアップです。

ローター。

ラインローラーのベアリング2点交換します。

ボディ内部です。

ケミカルは問題ないと思います。

ピニオン上部のシムは少し多いと思いますが、基本的な組み方は問題ないですね。

ボディ4点のベアリングをオイルチューンにしました。普通に使えますがステラに入れるとノイズがありますので、ベアリングはプレミアムベアリングに交換です。

グリスのまま入れます。

ステラじゃないと分からないと思います(笑)

中間ギアは0.15mmのシムに変更。0.01mm入れるかどうかというところです。

ドライブギアはギアグリス、スミスリールグリスを合わせます。

ウォームシャフト下部もシムが多かったので抜いて調整します。

ドライブギアの外シムに0.01mmを2枚追加します。

ピニオン下部も平シムに変更します。

内シムに0.01mm入っていましたが抜きました。

ピニオンギアのシム調整ですが、ほんのわずかに揺らぎがあるので、

0.03mmのシムを入れて、ベアリングをかさ上げします。

ベアリングのかさ上げした分、ピニオンギアの下部にシムを入れないとガタが生まれます。

結果的には不要でした。

中々決まらないので、ドライブギアをきつめにしてみたり。

ローターナットの調整の為にシムを入れてみます。

ほぼ変わらないですね。

外シムを0.03mmにしてみてテスト。

ウォームシャフト下部もきつめに調整してみて。

全然関係が無いですね。

平シムに出来ないと断念して、一度ウェーブワッシャーに戻してますが、スプールを乗せるとカタカタとノイズが・・・。

原因はここでした。ウォームシャフトピンのシム調整です。

0.3mmが入っていますが、0.2mmに変更します。ピンがウォームシャフトの溝に強く当たっていたみたいです。

なお、ウェーブワッシャーから平シムに組みなおし、厳密に調整するとノイズが出てしまうので僅かにクリアランスを残しております。

かなり時間が掛かりましたが、無事完了しました。

今回は約2台分の時間が掛かりました・・・。もう少し腕を上げないと。

巻き感としてはもう一息なんですが、調整の限界ですね。

ありがとうございました!

スポンサーリンク
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー