オーバーホール依頼 20ヴァンフォード C2000S

スポンサーリンク

20ヴァンフォードC2000Sのオーバーホール依頼です。

ご自身でカスタムしたそうですが違和感があるということでご依頼頂きました。

巻きがざらざらですね。

オーバーホール

順番に見ていきます。

ハンドルノブのシムですが、金色のシムは不要ですね。

0.1mm→0.05mmへ変更します。

スプールは社外製ドラグに変更されているのでそのままとしております。

ラインローラーはIOS製のものに変更されています。

シムが足りずにぐらつきがあるので、シムを追加して調整しました。

ローターをバラシて組みます。

ボディ内部です。

巻き重り感についてはグリスが流れてメインシャフトに付着していることですね。

洗浄します。

汚れは無いですね。

ベアリングはオイルチューンにします。

グリッチオイルのロサ

粘度UP 防錆特化型 ●グリッチオイル独自の特殊潤滑添加剤を配合することにより中粘度でありながら納得のいく潤滑性能と耐摩耗性能を発揮。

グリッチオイルのパッシブ

潤滑と防錆の両立 ●グリッチオイル独自のベースオイルに特殊潤滑剤、防錆性をさらに強化し、潤滑性共にトップレベルで尚且つ激しい摩耗を最大限回避させ同時に防錆被膜を生成し潤滑と防錆の両立した万能オイル。

それぞれを混合して調整。

ドライブギア、ウォームシャフト回りはBOREDのTHETAを添付します。

ALPHAよりもワンランク、DELTAよりもツーランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号となり、汎用では低粘度なグリスとなります。

ザラツキの原因を特定するため、各パーツを交換しました。

ドライブギア、ピニオンギアを交換。

ウォームシャフト、メインシャフトを交換。

いずれも関係が無いようです。

中間ギアの動きが悪いので、シムを減らします。

0.05mmのウェーブワッシャーですが、0.03mmまで減らします。

中間ギア軸を研磨します。恐らくこの軸ブレがノイズの原因ですね。

ドライブギアのシムを0.23mmですが、0.21mmへ。

ザラツキはギアを押し付けると発生するので、少しテンションを抜きます。

やはり完全に治らないですね。

ウォームシャフトピンのシムを抜いてみましたが、ここも関係なかったので、パーツ類の不具合は無いと思いますが、ボディの中間ギア軸が少しずれているように思います。

ボディを交換してみることで改善するかもしれませんが、やってみないと分からないですね。

現状は若干クリアランスを設けてノイズを感じにくくしていますが、ベアリングをオイルチューンにしているので、感度が上がってしまってノイズが分かりやすくなっています・・・。

マグナムライトローターと軽量ボディにより、巻き出しの軽さと優れた操作性を実現。
スポンサーリンク
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
カテゴリー