当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

使用感のある21カルディア LT4000CXHのオーバーホール

オーバーホール依頼
スポンサーリンク

21カルディアLT4000CXHのオーバーホール依頼です。シーバスで使用されているそうで、巻き感が良くないということでした。

巻きが重いということですが、どちらかというとグリスが少し抜けてかすかすとしたフィーリングとゴリゴリとギアの摩耗感が出ています。

マグシールドの効果

写真ではわかりにくいですが、マグシールド自体はすでに枯れてしまってシールドができてない状態になっていました。

だからと言って内部に水やほこりが侵入する訳でもないです。

オーバーホール

では順番にばらしていきます。

ラインローラーのベアリングは一か所が少しノイズが出始めていますが、まだ大丈夫そうです。

ドラグワッシャーは少し変色しているうようなので洗浄します。

ハンドルノブは汚れが蓄積しているので、しっかりとふき取りました。

ローター周りの汚れが強いです。

砂や巻き込んだ汚れが多いですね。

ラインローラーベアリングはNEMEAでオイル仕上げです。

ハンドルノブのベアリングを1か所のみ交換し、シムを追加しました。

ボディ内部です。

グリスは残っていましたが、ギアの摩耗が強いですね。

ベアリングのグリスも浮いているので、交換すればなめらかになりそうです。

洗浄しました。

ベアリングはボディ4点交換です。

ボディ内部も汚れがかなりありました。

BOREDのDELTAとTHETAで仕上げます。

全天候高粘度セミシンセティックグリスとして、ALPHAよりもワンランク、THETAよりもツーランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は2号となり、汎用では高粘度なグリスとなります。

マグオイルを充填します。

ベアリングの交換でベアリングノイズは改善しましたが、ギアのゴロ感のざらつきが残りますね。

ギア交換する場合はSLPへ交換依頼となります。

コメント

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829