当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 18ステラ 1000SSSPG ギアノイズとガタツキがある(後編)(ハイパーチューン)

スポンサーリンク

前回ギアを手配して届きました。

前回はこちら。

結果的にノイズが取れないので、ハイパーチューンにしました。

平シムへ変換してかなり滑らかになったと思います。

オーバーホール

ギア以外の部位を洗浄していきます。

ハンドルはそのままとしました。

スプールは純正グリスでチューニング。

ローターをばらします。

ラインローラーも洗浄せず。

撥水グリスなので触らずとしました。

ギア交換します。

この時点では平シムへの変換は考えていなかったんですが、作業すれどもなかなか良くならないんですね。

ドライブギアはガタがあるのに詰めるとノイズが出るという。

0.01mmの差でここまで違うのかと言うレベル。

ローターのかさ上げをします。

ローターナットベアリングもシールドを取り洗浄します。

ピニオン上部を残し、ベアリングは3点交換となりました。

決まらないので平シムへの置換。

ボアードグリスALPHAで仕上げます。

全天候中粘度セミシンセティックグリス。全天候中粘度セミシンセティックグリスとして、DELTAよりもワンランク粘度をダウン、THETAよりもワンランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は1号となり、汎用では中粘度のグリスとなります。

外シムは0.03mm追加。0.01mm入れたいんですが、入れるとノイズが・・・。

何とか仕上がりました。

かなりいい状態になりました。

ありがとうございました!

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930