改造依頼 21アルテグラ C3000 2BB化&21TPXDのスプールを乗せる。

スポンサーリンク

21アルテグラC3000HGの改造依頼です。

これを交換します。

20ヴァンフォードのメインシャフトと21ツインパワーXDのスプール。

IOSファクトリーのSシステムです。

改造

ハンドルノブのシム調整します。

0.1mm追加します。

ローターは特に作業は不要ですね。

ボディを開けます。

ウォームシャフトにグリスが流れています。オイルを注油した影響かもしれません。

洗浄します。

ウォームシャフト上下をBB化します。

クリアランス調整でシムを追加しました。

メインシャフトを交換します。

ステンレス製からジュラルミン製へ。

重量比較です。

メインシャフト単体だとかなり軽くなりますが、ブッシュをベアリングに交換するのと、スプール受けを改造するので、そこまで軽くならないですね。

パーツ精度はメタル製になるのでかなり印象は変わります。

スプールの自重差が大きいですね。

ライン付きなので参考ですが、50.6gです。

過去にC3000のスプールを計量しましたが、41.8gでした。

21アルテグラを購入しました!! 今回は、コスパ最強説を検証するため、 ボディ内部以外の各部の分析を行います!! 次回以降...

21TPXDは37.1gなので5gほど軽くなります。

このスプールは、バリアコートスプールリング搭載です。19ステラSW、22ステラに搭載されています。

21TPSWにも搭載されていますね。過去にリールテトラに落としたことがありますが、スプールリング(エッジ)は無傷でした。

ドラグには耐久性に優れたカーボンクロスワッシャ、スプールリングにはステラSWと同じバリアコートスプールリングを採用することで、よりタフに、より軽快なモデルとして刷新。

それでは早速組み上げます。

ピニオン下にシムを0.1mm分追加しています。

BOREDのOMEGAとALPHAで仕上げます。

Sシステムは持ち込みです。

シム調整は1.3mm分かさあげします。

セットスクリューを上部につけます。

無事付きました。

作業完了です。

見た目ですが、色味があっているので違和感がないですね。

10gまではいかないと思いますが、軽くなっているので、巻いたフィーリングもかなり違います。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリー