当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 19ヴァンキッシュ C2500SHG ハイパーチューン

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュC2500SHGのオーバーホール依頼です。

少しガタツキが出てきたそうで、ハイパーチューンを施します。

オーバーホール

ばらします。

ラインローラー2BBされています。シム調整します。

ボディ内部です。

グリスを抜きます。

洗浄します。

1BB追加です。

IOS01でオイルチューンにします。

中間ギアのシム調整です。

0.17mmだと緩いです。

0.20mmだときついです。

0.18mmでちょうどですね。

ウォームシャフト下のシム調整。

0.33mm。

ピニオンギア下のシム調整。

0.43mmだときついですね。

0.42mmで決まりました。

IOSギアグリスで仕上げます。

粘度高めです!優れた潤滑性、クラス最高水準の対荷重性、ソルトでも安心して使える優れた防水性能、100%化学合成ならではの極寒から真夏の炎天下、そして風雨にさらされ続けるリールの心臓部とも言えるメインギアを守る、ハイスペック・ギアグリスです。

中間ギアはIOS02です。

IOS-02PRO は中高粘度(オイルの中ではかなり粘度の高い方です)。IOSオイル最高レベルの極圧性と防水力を誇り、豪雨の中の釣りや炎天下のトーナメント競技や雷魚釣りなど、特に耐久性を求められるヘビーユースの釣りに最適です。

ウォームシャフトはBOREDのOMEGAです。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

何度か一度組みましたが、ドライブギアがきついのか。

0.16mm→0.15mmへ。

少し摺動時のノイズがあるので、ウォームシャフトピンをチェックするとシムがないですね。

あえて抜いているようですが、0.1mm分追加してテスト。若干良化しました。

ピニオンギアの上部のベアリングのかさ上げ。

0.03mm分追加します。

バランスが合わないです。

ピニオンギア下のシムを上部に置換します。

あまり効果がないですね。

クロスギアの調整が非常に難しいですね。

0.42mmに戻して、ウォームシャフトピンのシムを0.05mmへ変更します。ドライブギアのシムも0.16mmに戻して。

最終的には、ここにシムを入れました。

完全にノイズが取り切れないですが、かなりなくなりました。

ありがとうございました。

かつてない「軽さ」「強さ」「飛び」を極めて。揺るぎなきクイックレスポンスシリーズの頂点。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930