当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

オーバーホール依頼 19ヴァンキッシュ 2500SHG ハイパーチューン

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュ2台目、2500SHGのオーバーホールです。

シュルシュル感があります。

オーバーホール

スプール、ローター、ハンドル等は特に大きな不具合等はないですね。

ほとんどわからないですが、ローターナットベアリングが若干ザラツキがあるかな、という程度です。

グリスアップして完了です。

ボディ内部です。

ばらします。

汚れはそれほどでもないですね。

ベアリングが全滅でした。

ウォームシャフト上のベアリングもダメになっているので、かなり珍しいケースだと思います。

5点交換、1点ウォームシャフト下をBB化します。

中間ギアのシムのクリアランスも大きいです。

0.2mm入れましたが問題なく駆動します。

ピニオンギアがかなり汚れています。

ピニオンギア下は0.35mmでテスト。

最終的には0.38mmでした。

ウォームシャフトのクリアランス調整。

0.32mm。

メインシャフトのピン内部のシムが若干きついようで、テンションが掛かるとクロスギアノイズが出ているようです。

シムサイズを0.2→0.1mmへ変更しました。

ドライブギアの外シムも調整します。

ピニオンギア上部のベアリングの下にシムがありましたが、恐らくドライブギアのシムですね。こちらを戻します。

BOREDのALPHAで組みます。

全天候中粘度セミシンセティックグリス。全天候中粘度セミシンセティックグリスとして、DELTAよりもワンランク粘度をダウン、THETAよりもワンランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は1号となり、汎用では中粘度のグリスとなります。

ボディ内部はBOREDのTHETAですね。

ALPHAよりもワンランク、DELTAよりもツーランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号となり、汎用では低粘度なグリスとなります。

組みます。

ノイズは激減しましたが、巻きはじめとストップしたタイミングでザラツキを拾います。ドライブギア、ピニオンギアを交換した方がよさそうです。

ギアを手配中なので、交換してテスト致します。

→予算の関係上、いったん現状でお返しとなりました。

ありがとうございました。

コメント

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031