チューニング依頼 19炎月CT 150PG グリッチオイル持ち込み

スポンサーリンク

19炎月CT 150PGのチューニング依頼です。ケミカル持ち込みで作業致します。

オーバーホール

ばらします。

持ち込みのケミカルですが、グリッチオイルです。

ロサとEVO500を指定箇所に添付します。

すでにグリスレスにされて使用しております。

ほとんどグリスが無いですね。

ここもグリスではなくオイルで仕上げていらっしゃいます。

全体的に汚れは皆無でしたが、やはりここは少し固着がありました。

レベルワインド付近。

スプールを外します。

フレームは汚れがありますね。

と言ってもかなり汚れが少ない状態です。

バラシ、洗浄完了です。

ベアリングは2点交換します。

グリスでシールドを施します。

海水が侵入する箇所なので、グリスでしっかりと保護します。

スプールの回転抵抗になりますが、オープンタイプの方が滑らかな回転となります。

プラギアもグリスアップしておきます。グリスを除去されていたのかもしれませんが、ばらした時はほとんど乾いておりました。

サイドカバーを取り付けて。

ドラググリスを添付します。

EVO-500を添付します。

ハンドル取り付けのパーツにはグリスを添付しておきます。

作業完了しました。

メンテナンスをしっかりされているので、特に不具合はありませんでした。目に見えない汚れは完全にきれいにしております。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー