チューニング依頼 バイオマスターSW V2 4000XG

スポンサーリンク

13バイオマスターXSのカスタムモデルバイオマスターV2 4000XGのチューニング依頼です。

シム調整してもなかなかシャーシャーノイズが取れないとのことです。

ボディシムについて

シムですが、ボディ側のクリアランスを埋めるために入っていますが、ここは入れなくてもさほど影響がないと思います。

あとシムが少しゆがんでいるので交換してテストします。

オーバーホール

分解していきます。

ハンドル、スプール、ドラグノブは問題なしでした。

ボディ内部ですが。

ギアにキズがあります。

ギアの外側にキズが数か所見られます。少しシャリシャリしたノイズはこれかもしれません。

洗浄します。

汚れはそれほどでもないです。

あとボディのネジ山が甘くなっていますね。

右側が効いているので大丈夫です。

ピニオンギア下部にウェーブワッシャーを追加します。

ギアも組みます。

シムの厚みは変えず、

蓋側のシムのみで組みます。

ザラツキもシャリ感、シュルシュルとしたフィーリングがありますね。

オープンベアリングですが、ピニオンギア下はシュルシュルノイズの原因でした。

その他のベアリングは変えた方がいいかなというレベルです。

あとボディガードのネジも緩いです。

ボディガードを交換すれば解消します。

大分良くなりましたが、やはりギア交換した方がよさそうです。

シムはもう少し詰めてもいいかもしれませんが、ギア交換するかご依頼人様に決まってから再調整します。

再調整(3/5)

ベアリングピニオン下のみ交換で、あとはグリスを入れて戻します。

グリスイン。

作業完了しました。

シムでクリアランスを取るとザラツキがでるので、現状でとどめておきました。

ありがとうございました!

スポンサーリンク
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー