改造依頼 19ヴァンキッシュ C3000SDHHG ノーマルギア化

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュ C3000SDHHGの改造依頼です。

HGをノーマルギア化します。

オーバーホール

バラシていきます。

ハンドル、スプール、ラインローラー異常なし。

汚れもないですね。

ボディ内部です。

巻き感が少しノイズが大きいのですが、ボディ内部はグリスが若干多いくらいで個々のパーツに不具合はなさそうです。

恐らく巻きのノイズはシム調整が必要ですね。

ボディも汚れは御座いません。

いったんギア交換で組みます。

ウォームシャフト回りはこれ。

全天候超低粘度セミシンセティックグリス。THETAよりもハーフランク粘度をダウンさせ、グリスの粘度を示すちょう度は0号-とした超低粘度なグリスとなります。

ドライブギアはこれですね。

全天候中粘度セミシンセティックグリス。全天候中粘度セミシンセティックグリスとして、DELTAよりもワンランク粘度をダウン、THETAよりもワンランク粘度をアップさせ、グリスの粘度を示すちょう度は1号となり、汎用では中粘度のグリスとなります。

やはりシムを抜きます。

0.05→0.03mmのシムへ変更します。

まあ、それなりに仕上がりますが・・・。

ウォームシャフトピンのシムを抜きます。

0.20mm→0.15mm。

0.10mmですね。

ドライブギアのシムをもう一段階減らします。

緩すぎますね。

中間ギアのシムを交換します。

0.05mmのウェーブワッシャーを平シムへ。

オイルもグリスもボアードケミカルで仕上げました。

ミニチュアベアリングやメタルカーラー等への使用を前提として設計したBORED EMTHODラインナップ中で一番低粘度となる超低粘度ミニチュアベアリング用チューニングオイルです。

ザラツキは改善しました。

若干遊びがありますがかなり良くなったと思います。ギア交換によるギア比の変更も相まって巻きが軽くなりました。

ありがとうございました。

かつてない「軽さ」「強さ」「飛び」を極めて。揺るぎなきクイックレスポンスシリーズの頂点。
スポンサーリンク
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリー