当サイトは記事内に広告(アフィリエイト)を含む場合があります。

23ヴァンキッシュ C3000SDH ハイパフォーマンスチューン(スタートアップ)

スポンサーリンク

23ヴァンキッシュ C3000SDHのスタートアップによるハイパフォーマンスチューンのご依頼です。

シムの入れ忘れ?

はじめ触ったときは違和感がなかったのですが、作業前にハンドルの遊びをチェックしているときに発覚しました。

ギアの状態は問題なさそうなので、少しゴロゴロとしていました。

メインシャフトにグリスが載っていないので、巻き重り感はないんですが。

ここのシムがないんですよね。

組み忘れでしょうかね。検品をすり抜けたんでしょうか。

ハイパフォーマンスチューン

とりあえず洗浄します。

新品なので汚れはないです。

ベアリングも洗浄して、ブッシュをベアリングに変更です。

ドライブギア左右をNEMEA、

BORED METHOD DIVISIONオイル製品中で中粘度長寿命低摩擦オイルをコンセプトとするNEMEAオイル。 既存製品のCHIMERAオイルで想定したコンセプトを継承し、更に海水にも完全対応した防錆性と高負荷にも耐える摩耗性を強化しながらもヌル付きやベト付きを極力排除したサッパリとしたフィーリングにより、機構や摺動を伴う動きを損なわず油膜の「耐久性」を重視したオイルとなります。

ピニオンギア上下をLIGHT DUTYで仕上げます。

2015年10月のマイナーチェンジにより配合している添加剤を見直し、当社KRAKENやGOLYATよりも極圧性と減摩性を向上させ、 低粘度ながらも耐久性を併せ持つ性能となっています。

ウォームシャフト下をシム調整します。

0.40mm。

中間ギア上部のばねを抜いてシム調整。

個体差だと思いますが、軸がきつく抜けづらいです。

0.13mmですね。

ピニオンギア下のシム調整。

0.41mmですね。

ドライブギアは0.10mmのシムをいれてテストします。

BOREDのALPHAを添付します。

多ギア構造になったことで、グリスの添付量がシビアです。

中間ギアもつけすぎると抵抗感が出てしまいます。

ドライブギアは0.16mmがクリアランスがジャストです。

組んでみましたが、巻き重りがあります。

ボディ内部のケミカルを見直しました。

中間ギアとウォームシャフトには純正グリスDG06。

ドライブギアにはアブガルシアのリールグリスを使用。

長期間の潤滑と防錆に。ギアなどに塗ると長期間潤滑をする事が可能。

まず、ピニオンギア下ですが、0.36mmで違和感が消失したのですが、若干ガタが出たので0.37mmで仕上げました。

ドライブギアも0.14mmまで落としました。

ローラークラッチはCHIMERA、メインシャフトはBALBOAを極薄で仕上げました。

BALBOAはBSLRオイルとHYDRAオイルを除く他のBORED METHODオイルと混合カスタム使用する事が可能です。 フィッシングリール、スケートボード、サイクルパーツなど、ミニチュアベアリング部及びメタルパーツ全般での使用をお勧めします。

シムが入っていないケースはほとんどありませんが、不具合が出ていなくてよかったです。

ありがとうございました。

コメント

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930